太陽光発電 に関する記事や事例写真、Q&A

太陽光発電とは、太陽電池を利用して太陽光を直接電力に変換する発電方式である。再生可能エネルギーとして公共施設、住宅を中心に導入が進んでいる。導入のコストがかかることと、気候条件によっては必要な電力量に満たない場合があることが課題になっている。

太陽光発電とは、太陽電池を利用して太陽光を直接電力に変換する発電方式である。再生可能エネルギーとして公共施設、住宅を中心に導入が進んでいる。導入のコストがかかることと、気候条件によっては必要な電力量に満たない場合があることが課題になっている。

太陽光発電の画像1 太陽光発電の画像3 太陽光発電の画像2

1〜12件を表示 (全82件)

「エコロジーに関心を抱いたワケは人それぞれ...」パッシブソーラーシステムの導入事例集

2015-07-08 21:30:00 | 1677

住宅の性能・安全(気密・断熱)

パッシブソーラーとは、簡単に言うと太陽熱や地熱を利用して住宅を温めることです。 このとき、暖房機器を使わずに設計上の工夫による受動的姿勢(パッシブな姿勢)で温めることが、パッシブソーラーの基本的な考えです。ただ、太陽熱で温められても夜間にかけて熱損失してしまうと、住宅は冷えて寒くなってしまいます。そのため、出来るだけ熱損失しないシステムを構成することがパッシブソーラーでは重要になります。 では、どうするかと言うと、これには高気密で高断熱な環境を作ることが重要で、パッシブソーラーの考え方にも合致しています。何かと集熱装置、送風機をシステムの柱に置きがちですが、本当のパッシブソーラー(夏は涼しく、冬は暖かい環境)を実現するのなら、いまいちど考え方の基本に立ち返ることが大切だと思います。 ここではさまざまな理由から、パッシブソーラーシステムを導入した事例を紹介してみましょう。