軽量鉄骨 に関する記事や事例写真、Q&A

軽量鉄骨とは鉄骨造の建物に使われる鉄骨の中で、厚さが6mm未満の鋼材を指す。プレハブ工法に使われることが多い。プレハブ工法ではあらかじめ工場で生産された鉄骨の部材を工事現場に運搬し組み立てるので、軽量鉄骨造の建物は工期が短く、品質も安定する。また、6mm以上の鋼材は重量鉄骨造と呼ばれる。

軽量鉄骨とは鉄骨造の建物に使われる鉄骨の中で、厚さが6mm未満の鋼材を指す。プレハブ工法に使われることが多い。プレハブ工法ではあらかじめ工場で生産された鉄骨の部材を工事現場に運搬し組み立てるので、軽量鉄骨造の建物は工期が短く、品質も安定する。また、6mm以上の鋼材は重量鉄骨造と呼ばれる。

軽量鉄骨の画像1 軽量鉄骨の画像3 軽量鉄骨の画像2

1〜12件を表示 (全14件)