コーポラティブハウス に関する記事や事例写真、Q&A

「協同の家」という名前の通り、住宅を取得したいと考えている者同士が組合を結成し、土地の取得から設計や建設の発注、入居後の管理を全て行う。自らの手で集合住宅を作ることが出来ることや、入居前からコミュニティを形成できる点が評価されている。

「協同の家」という名前の通り、住宅を取得したいと考えている者同士が組合を結成し、土地の取得から設計や建設の発注、入居後の管理を全て行う。自らの手で集合住宅を作ることが出来ることや、入居前からコミュニティを形成できる点が評価されている。

コーポラティブハウスの画像1 コーポラティブハウスの画像3 コーポラティブハウスの画像2

1〜5件を表示 (全5件)

集まって住む〜二世帯住宅とコーポラティブハウス〜

2014-07-15 18:00:00 | 1530

リノベーション事例(リノベーション事例 その他)

二世帯住宅。親子同士近しい仲とはいえ、一緒に住むとなれば価値観の違いが生活上のトラブルとなり得ます。お互い年齢的に趣味志向も異なり、日常を営む行動時間のズレもあり、空間を分けて生活する方がより良い日常となるのではないでしょうか。何を共有し、何を分けるのかはそれぞれの家族によって十人十色。人が集まればこそ見えてくる選択肢が魅力ある家づくりへとなります。

みんなでつくるすまいのかたち「コーポラティブハウス」 vol.1

2016-04-26 12:00:00 | 1463

注文住宅HOW TO(注文住宅 その他)

日本ではまだまだマイノリティなすまいのつくり方「コーポラティブハウス」。 海外では欧米を中心に広く普及しており、ドイツでは全住宅の約10%、ニューヨークでは約20%がコーポラティブ方式といわれています。海外においては一般的な住宅取得形態の1つです。それでは「コーポラティブハウス」とはどんな仕組みなのでしょうか??