ペニンシュラ型キッチン に関する記事や事例写真、Q&A

ペニンシュラ型キッチンとは、キッチンの左右のどちらか一辺が壁についている(ペニンシュラ=半島)形のキッチンを指す。残りの三辺は壁から独立しているので開放感があると同時に、壁面は換気設備の設置や収納スペースとして利用できることから人気がある。水や油の飛び散り、匂いへの配慮は必要である。

ペニンシュラ型キッチンとは、キッチンの左右のどちらか一辺が壁についている(ペニンシュラ=半島)形のキッチンを指す。残りの三辺は壁から独立しているので開放感があると同時に、壁面は換気設備の設置や収納スペースとして利用できることから人気がある。水や油の飛び散り、匂いへの配慮は必要である。

ペニンシュラ型キッチンの画像1 ペニンシュラ型キッチンの画像3 ペニンシュラ型キッチンの画像2

1〜12件を表示 (全134件)

パワースポットのようなキッチンでありたい。隅々まで気持ちよく使えるキッチンを保つために大事なこと。

2017-03-24 19:30:00 | 6516

おしゃれな部屋事例(キッチン)

「食べることは生きること!まずは日々の食卓から幸せを感じることが大切」そんな思いから料理研究家の道へと進むことを決意したという太田みおさん。 どっしりと構えたご自宅のキッチンカウンターからはその意志のようなものが感じられます。 今では多くの生徒さんを抱える料理教室を開催されている太田さんですが、実はリノベーションした当時は教室のことは考えていなかったそう。では、太田さん宅の主役ともいえるキッチンはどのように生まれたのでしょうか? 今回は、プロが使うキッチンの収納術や、キッチンに対する太田さんの思いをお話ししていただきました。

キッチンの背面収納実例集

2015-04-25 09:30:00 | 34162

おしゃれな部屋事例(収納)

憧れだったアイランドキッチンやペニンシュラキッチンを実装することに満足して終わってしまっていませんか? アイランドキッチンやペニンシュラキッチンはシステムキッチンと異なり、カウンターを介してキッチンの背面が丸見え状態となります。したがって、キッチン家電や食器類、食品のストックなどがきちんと整理されていなければ、キッチン全体がごちゃ付いて見えてしまいます。そこで今回は、そんなキッチンの背面をスッキリと見せる収納実例をご紹介しましょう。