バリアフリー に関する記事や事例写真、Q&A

バリアフリーとは障害がないことを意味する。バリアフリーの概念が浸透することで、年齢や性別・障害の有無に関係なく、物理的・精神的な障害のない、誰にでも利用できる空間や製品は増え、誰にとっても暮らしやすい社会の実現につながる。住宅でも同様、子どもから高齢者まで障害なく暮らせる空間を希望する人は多い。

バリアフリーとは障害がないことを意味する。バリアフリーの概念が浸透することで、年齢や性別・障害の有無に関係なく、物理的・精神的な障害のない、誰にでも利用できる空間や製品は増え、誰にとっても暮らしやすい社会の実現につながる。住宅でも同様、子どもから高齢者まで障害なく暮らせる空間を希望する人は多い。

バリアフリーの画像1 バリアフリーの画像3 バリアフリーの画像2

1〜12件を表示 (全392件)

住まいをリセット。シニア世代の充実した生活を応援するリノベーション7選

2015-10-27 18:00:00 | 1898

リノベーション事例(リノベーション事例 その他)

会社をリタイアする頃は、子どもが独立し、それまでの子ども中心の生活から夫婦二人の生活へとライフスタイルが大きく変化する時でもあります。ライフスタイルの変化に合わせて住まいもリノベーションしたいものですね。定年後の長い人生を快適な空間で、健康的で豊かに暮せるようにリノベーションした住まいをご紹介します。

リフォームいらず♪子供~シニアまで快適に過ごせる平屋のススメ

2016-08-17 21:30:00 | 3019

注文住宅HOW TO(注文住宅 その他)

年を取ると若い頃には思いもよらなかったところに不便を感じることがあります。その時にリフォームするのではお金も時間もかかって大変ですね。平屋は階段がなくバリアフリーな間取りにしやすいので、小さなお子さんがいる家にもおススメです。家族みんなが心地良く暮らせる「終の住み処」を平屋で叶えましょう。

老後に備える家にリフォーム・リノベーションする

2015-01-19 20:00:00 | 1894

リノベーションHOW TO(リノベーション住宅ノウハウ)

せっかくリフォームやリノベーションを行うなら、今の好みやライフスタイルを優先させるのも良いですが、幾度も行えるものではないし、大金を使います。将来のことも視野に入れて、計画を進めるのが大切です。 かと言って「老後」を考えるとなると、まだ先に感じてしまったり、バリアフリーや介護向けの物が必ずしも健常者に使いやすいわけではありません。今の生活を重視しながら、取り入れられる「老後に備える」リフォームを考えていきましょう。