住まいの法制度 に関する記事や事例写真、Q&A

住まいの法制度についてのお役立ち記事やおしゃれな部屋の写真、プロが答えるQ&Aなどをまとめました。

住まいの法制度についてのお役立ち記事やおしゃれな部屋の写真、プロが答えるQ&Aなどをまとめました。

住まいの法制度の画像1 住まいの法制度の画像3 住まいの法制度の画像2

1〜12件を表示 (全21件)

「42条2項道路(みなし道路)」に接した土地で家を建てるときの「セットバック」とは

2017-06-21 21:55:00 | 1601

注文住宅(HOW TO)

建物を建てるときに守らなければいけない建築基準法では、敷地や道路について色々と決まりがあります。特に道路についてはさまざまな規定があり、敷地に面する道路の幅員についてはさらに細かいルールが定められています。 その幅が確保できていない場合、建て替えなどはできないのでしょうか・・・そのようなときに適応されるのが「42条2項」と呼ばれる条項です。ここでは、その「42条2項道路」について少し詳しく解説したいと思います。

定期借地権のメリットとデメリット

2017-08-26 15:30:00 | 1010

注文住宅HOW TO(注文住宅ノウハウ)

定期借地権という言葉をご存知でしょうか。文字通り、あらかじめ定められた期間のみ土地所有者(地主)が土地を土地利用者(借地人)に貸し出すことです。 現在の定期借地権は、「一般的定期借地権」「建物譲渡特約付借地権」「事業用定期借地権」の3種類。 それぞれメリット、デメリットがありますが、家を建てたい土地や購入したいマンションの土地に定期借地権がついていた場合、足踏みしてしまう方もいらっしゃると思います。定期借地権について詳しく見ていきましょう。 ※事例画像はあくまでもイメージです。

固定資産税が倍増!?意外と知らない固定資産税の割引とは?

2017-07-27 11:55:00 | 1830

リノベーションHOW TO(リノベーション費用・相場・見積り)

「マイホームを購入して数年経ったら、急に固定資産税が増えた」なんて話を聞いたことはありませんか?これには、固定資産税の減免措置が関係しています。そこで今回は、これからマイホームの購入を検討している方や新居を購入したばかりの方向けに、固定資産税の減免措置とその備え方についてのコラムをお届けしたいと思います。

建築基準法から見る本当に良い土地探しのヒント【基本編】

2018-07-25 23:40:00 | 962

注文住宅HOW TO(注文住宅ノウハウ)

家づくりの最初の一歩とも言えるのが、土地探しですね。理想の家をつくり、その後の暮らしを満足度の高いものにするためには、土地探しがとても大切になります。 ほとんどの土地には、建築基準法や条例によって様々な制限が定められています。その制限は、土地に建てられる住宅の規模や形状に大きく影響してくるので、購入前に必ず確認し、理解しておく必要があります。今回は、建築基準法から見る本当に良い土地探しのヒントをお伝えします。

マイホーム計画にトラブル発生!「隣地境界線50cm」ルールの障壁【心地よい暮らしのレシピvol.22】

2019-01-15 22:00:00 | 504

注文住宅HOW TO(注文住宅 その他)

料理研究家・太田みおが10年住んだフルリノベ中古マンションから、注文住宅への住み替えを決意。夢のマイホームの完成までの実録です。今回は、購入した土地の境界線をめぐって実際に勃発したトラブルについて、お届けします。

ベランダガーデニングにも適用可!「緑化助成制度」を使って家にもかしこく緑を取り入れよう

2017-04-04 11:55:00 | 2535

インテリア(植物/グリーン)

暖かくなってきてお花見やアウトドアが楽しい季節になりました。外ではもちろんのこと、家でも緑を楽しむ暮らしができたら素敵ですよね。 家に緑を取り入れる方法は色々ありますが、その際知っておきたいのが個人住宅などの緑化に対して補助金が出る「緑化助成制度」。主に平地に緑を増やすことが難しい都市部で緑化推進のため採用されています。 こちらでは東京23区の助成対象をもとに、都市部でも取り入れやすい緑のある住宅事例をご紹介します。

我が家に起こった施工時のトラブルまとめ【私が「キッチンスタジオのある家」に住むまで vol.9】

2017-08-31 22:30:00 | 1429

注文住宅HOW TO(注文住宅ノウハウ)

こんにちは。フードコーディネーターのyoshikokitchenです。 これまで、家の設計に関することや施工に入るまでのことなどをお伝えしました。 ここで、実際に家を建てていく中で、私が体験したトラブルの話を少し書いておきます。 あくまでもこれは「我が家の場合」ですので、そういうことも起きたりするんだな、程度の感覚でお読みください。