2015年03月24日更新

おしゃれな部屋事例(その他)

窓ひとつで印象がかわる?!おしゃれな窓のとり方

窓は光や風を取り入れる、そんな機能的な役割を担っています。家の中から覗く窓は視線の通り道となり、外の風景を切り取る役割も担っています。天井近くにある窓は空を切り取り、足元にある窓は外の喧騒から引き離した空間を作ってくれるのです。窓の高さ、大きさ、開口の仕方で印象が大きくかわり、オシャレ度にもグンと差が出ます。
ここでは空間をおしゃれに仕上げてくれる窓について、いくつかご紹介します。


天井付近まで窓を広げました。これで入ってくる光量がグンと増え、明るい室内となっています。また、天井の傾斜も窓により強調され、空間の広がりも感じるつくりになっています。

鴨川の家

切妻屋根の形状を最大限に活かし、大胆な窓の配置が実現しました。とても開放的で明るい室内となっています。この住宅は住宅密集地に位置するのですが、プライバシーを守るために壁面からでなく上部から光を取り入れています。トップライトだけでは光量の確保が難しい場合にはぜひ取り入れたい手法です。

NEUT

大きな出窓と呼ぶか底上げした掃出し窓と呼ぶか、意見が分かれるであろう窓がこちらです。本来なら窓の上にくる壁を窓の下に持ってきて、窓の位置を高めに配置しました。まさしく逆転の発想。そこで生まれた段差をうまく利用しています。ギャラリースペースとしてもよし、ちょっと腰かけてもよし、マルチな使い方ができる素敵な窓辺が出来上がっています。

六条の家 (居間)

大きな窓の弱点は何でしょうか。それはプライバシーの確保が難しいことと壁面を飾ることが制限されること。この部屋の窓の取り方はその弱点をプラスの方向に切り替えた、そんな窓の配置になっています。

Villa Stella

窓の前に小上がりを作り、窓で外の景色を切り取りました。いやむしろ小上がりで箱を作り、箱にその景色を閉じ込めたと言ったほうが正しいかもしれません。施主だけがこの景色を楽しみ、独占できるという素晴らしい空間設計になっています。

富士見ヶ丘の家

空に向かった斜めの窓。降り注ぐ光を思う存分受け止め、降り注ぐ雨も残さず受け止める。少し傾斜がつくだけで、自然をより感じる窓に変わります。

HOUSE MT

少し奥行を持たせた横長の窓。腰掛けのように佇む窓辺の棚の先にも縦長の窓。まるで光と風が通り抜ける道筋を示しているかのようです。施主にとって特別な場所となっているだろうなと想像できます。

緑と風と光の家


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • 大郷の曲り家|ダイニング
  • 洗面&トイレ
  • 外観
  • DK
  • 外観

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問