2015/06/17更新0like4397viewuji

近所を気にせず『音楽』を楽しめる家7選

音楽がどうしても嫌い、という方はあまりいないと思いますが、日本の住宅環境で音楽を楽しむのはなかなか難しいのが現状です。楽器を演奏する人はわざわざお金を払って練習スタジオに出かけなくてはなりませんし、音楽を聴くにも音量や時間帯に気をつけなくてはならないという方がほとんどだと思います。音楽好きな人からすると、自分の家で好きなことができないのは悲しいもの。今回は、新築・リノベーションする際に、音楽が思う存分楽しめるようこだわったお家をご紹介します。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

ミニコンサートもできます!

自分は習っていなくても兄弟やお友達が習っていたり、日本人にとって一番身近な楽器「ピアノ」。
今は電子ピアノも良いものが出ていて、音量に気をつかうこともない…とは言いますが、やはりある程度以上のレベルになるとちゃんとしたピアノ、それもグランドピアノが欲しくなるもの。実際には大きさ・重さもかなりのものですし、音量も気になります。

こちらのお宅は、夜にも練習ができるように完全防音にされていますが、窓があって中庭から光が差し込み、よくある薄暗い圧迫感のある防音室とは違い、開放感があります。スポットライトのような照明や客席代わりの段差もあり、家族や友人を集めてミニコンサートも楽しめちゃいますね。

ピアノがインテリア

リビングのとなりにピアノ室があり、ガラス戸で仕切られているのでリビングで寛ぎながらグランドピアノを眺めることができます。防音もしっかりされているので夜でも弾くことができます。

地下室だけど…

防音室といえば地下室、というイメージをお持ちの方も多いと思いますが、大人が集中して練習するにはよくても、お子さんを一人で地下室で練習させるのはなんだか孤独感があって可哀想…。こちらの防音室は地下室ですが、上部の窓がリビングに繋がっているので子供も安心して練習することができますね。

床にも防振

ドラムは音だけでなく振動もあるので自宅では練習できない!と思ってる人も多いかもしれませんが、デジタルドラムを選んだり、防音システムにこだわることで自宅での演奏も可能になります。

プライベートスタジオ

最近はプロでなくてもパソコンを使用して本格的なレコーディングができたり、以前に比べると機材も安価になっているのでプライベートスタジオをつくってしまう人も増えています。こんなスタジオが家にあれば、曲作りにも力が入りますね。

シアタールーム

演奏はしない、聴く専門…という方ももちろんいらっしゃると思います。音響にこだわったこんなシアタールームがあれば、気持ちよく音楽を楽しめます。

DJブース

最近は楽器でもリスニング専門でもなく、DJを楽しむ方も多いですよね。音量が自由に調整できる分、いろんな場所に設置できます。レコード収納のスペースにブースがあれば手軽に楽しめます。
お気に入りに追加

SUVACOは、自分らしい家づくり・リノベーションをしたいユーザーとそれを叶えるプロ(専門家)とが出会うプラットフォームです。

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

会員登録を行うと、家づくりに役立つメールマガジンが届いたり、アイデア集めや依頼先の検討にお気に入り・フォロー機能が使えるようになります。

同じテーマの記事

同じテーマのQ&A

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る