2019/04/09更新1like1669viewRemi.M

予算の壁再び!150万円オーバーの事実と壁紙問題【連載|猫と私たちのリノベ物語 vol.21 】

東京都内で1年かけて中古マンションを購入、現在リノベーション内容を選定中の私と旦那(とネコ)。
建具と水回り系のイメージが固まり、次は壁紙だ!と意気込んでいたのですが、
再び予算問題が私たちの前に立ちふさがります。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

部屋の雰囲気を左右する壁紙だけは、私が選びたい!

建具、水回り設備のイメージが固まり、
次に手をつけることになったのは壁紙でした。

インテリアにはさほどこだわりがないと言い続けてきた私ですが、
壁紙だけは別。

だって、壁紙って部屋の面積の大部分を占めるもの。
きっとこのセレクト如何で部屋の印象は大きく変わるでしょうから、
ここだけは慎重に選びたいところです。
画像はイメージです。

画像はイメージです。

気になっているのは先日の打ち合わせで出てきた「アクセントクロス」。

部屋の一面だけを違う色や模様の壁紙にするってことだと思うんですけど、
一体どんな壁紙が良いのか、基準も何も分からない……。
そこで、一度ショールームを見学してみることにしました!


朝1で訪れたショールームは、すでにたくさんの人で賑わっていました。

ディスプレイや大きなパネルに貼られた壁紙を実際に見て、
気になるものがあればシートに番号を書き込み
A4サイズのサンプルを貰うシステムなのですが、
種類が豊富すぎるほど豊富なので、気になるものを見つけるだけで一苦労。
結局すべてを見ることは早々に諦め、
カタログから気になるものを抜き出したのち、
実際にそれが見られるようならショールーム内を探して見てみる、

という逆引き的な方法に切り替えました。


 
前の打ち合わせで加藤さんが言っていた
「あんまり薄い壁紙だと下地が浮き出るなど、表に響く場合がありますよ」という言葉を参考にしつつ、気になるカラーの壁紙を選んでサンプルGET。


そしてその足でhowzlifeへと向かいます。

リノベ費用、暫定なんと750万円!

到着後、前回の打ち合わせをもとにした見積もりができているとの事だったので、
まずはその説明を聞くことに。
 
多少の予算オーバーは想像していましたが、
その想像の更に上をいく費用アップに驚愕。



お値段、なんと750万円!
 

当初の予算は600万円だったので、150万円のオーバー。
これは由々しき事態です。

壁紙にこだわってる場合じゃなかったかも……。

なぜ、150万円もオーバーしてしまったのか?

さて、どうしてここまで予算がオーバーしてしまったのか…。


確認してみると、
お風呂の増床、ペットドアや造作家具などの細々した注文たくさん、
照明の付け替えあたりが響いている模様。

さらにもともとの広さをふまえると、
600万円以下ですべてのリノベーションを行うこと自体が難しかったのでは?
……という結論に至りました。


リノベ内容も高額なものばかりを選んでいるわけでもないので、
削ろうにも削れる箇所があまり無いのです。

リノベ・コスト削減案!

とは言え、無い袖は振れないし、どこかだけを手付かずにするのもイヤ。

そんなわがままを伝えてみたところ、
「頑張ってみましょう」と予算削減会議を開催してくれることになりました。


考えに考えた結果、決定した変更事項は以下です。
 
・私の部屋の照明を調光・調色ダウンライトからシーリングライトに変更(-¥20000)
・キッチンのペンダントライトを削除(-¥14000)
・壁紙を量産品のものから選ぶ(-¥30000)
・玄関タイルを本物のタイル→フロアタイルに変更(-¥40000)
 

自室は調光・調色じゃなくても構わないし、
ペンダントライトについては
「あったら便利だけど、なくても暗くはない」との話だったので
すんなり決まりました。
壁紙も量産品のなかで十分素敵なものがあると分かっていたのでOK、
玄関タイルも本物にこだわりがあったわけではないのでまぁ良いかな。

それに本物じゃないと言っても、昨今のフロアタイルのクオリティたるやなかなかのもので、
実際に手にとってもどちらが本物か分からないほどなんです。


もちろん見るひとが見れば違いも分かるとは思うのですが、
違いが分からない&気にならない私達だったから、
ここはフロアタイルでも良いよねってことで落ち着きました。
 


ちなみにこれだけ価格が下がったのは、タイル本体の値段というよりも、
タイル職人さんの手配が無くなるからだそう。

資材そのものだけじゃなく、当たり前ですけど人件費も掛かっているんですよね……。
わかっているようでこの辺り全然わかってなかったな。
さあ、これでなんとかマイナス10万円ちょっとに。

予算については、今日決めきれなかったアクセントクロスの件とあわせて、
一旦持ち帰って相談することにしました。


 
……あと140万円削るとか、無理じゃない??
次へ続く。
お気に入りに追加

この記事を書いた人

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

リノベーション向き物件探しが得意な会社

リノベーションをするために物件を探している方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る