マンションリノベーション・リフォーム

中庭を望むキッチンのあるビンテージマンションリノベ:『桜台ビレジリノベーションvol.4』(横浜市青葉区)

エリア:

神奈川県横浜市

内容:

女性一人暮らし 最上階の角部屋で無断熱だった部屋は、冬場の壁の結露、夏は屋根に照りつける熱で暑くなるお部屋でした。 外壁部分、天井には発泡ウレタンによる断熱を行い、快適な環境を作りました。 住み手の要望はモルタルの床に工業的な店舗のような空間。 住環境としてはあまり向いていないモルタル床は採用せず、合板にポーターズペイントでDIYによる塗装を行いました。

東からも西からも光が入り、一日中明るい建物の特徴を生かしてリノベーションをしています。

ペイントにより、モルタル風を実現したリビングの床。奥に見える寝室には、肌触りのよい無垢板を使用。

東西から日差しが入る明るいリビング。窓からはマンション中庭の樹木が眺められる。

寝室床は、肌触りのいい無垢の板張り。腰高のたっぷりとした収納を設置。

リビング左手にキッチン、右手は玄関へとつづく通路。正面は浴室への扉。浴室には上部に窓を設け、採光を確保。

窓からは四季折々の緑と光が降り注ぐキッチン。シンプルではあるが、窓際に設けた一枚板のカウンターが特徴的。

玄関からリビングへとつづく通路。カーテンと間仕切りにより、ゆるやかに空間を分けた。

この住宅事例を手掛けた建築家

ショセット建築設計室

建築家 / @神奈川県

日常がゆたかになる空間を ふと、幸せと思える空間を 一緒に考えませんか ショセット建築設計室は、横浜市青葉区桜台にて、夫婦ふたりで主宰している小さな設計事務所です。 ショセットとはフランス語で【靴下】という意味です。 靴下は足を冷やさず、汗を吸い取り、体を守る存在です。時には肌触りの良い靴下からホッとする時間をもらうこともあります。そして、2足はいつもペアで、どちらも欠けてはいけません。 私たちはこの靴下が体を守るように、住まいを通じて、快適で心が満たされる空間を提供したいと思っています。 さらに、設計には伊藤と山川のペア、私たちと住まい手のペア、私たちと施工者のペアと、常に一緒に歩み実現していきたいという願いが込められています。 楽しい家づくりをしたい!という方と、たったひとつの空間を一緒に作っていきたいです。

ショセット建築設計室

建築家 / @神奈川県

ショセット建築設計室さんの住宅事例

ショセット建築設計室さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード