マンションリノベーション・リフォーム

『埼玉県羽生市K邸』猫のための楽園♪賃貸リノベーション

エリア:

埼玉県羽生市

内容:

2014年9月完成
猫のための楽園。
賃貸中古マンション、一部リノベーション。

猫を長年飼っていたオーナー様が、ぜひ猫と暮らしてほしいと念願の中、完成した猫の楽園です。

猫の性質、好みに合わせたキャットタワー・キャットウォークや、
飼い主にも配慮し、トイレが見えないように収納される仕掛けをつくりました。

明るい陽のあたるリビングで猫がくつろぐのを見ながら過ごせる。
(撮影:樽井利和)

箱から生える、自然の木。猫の爪とぎやキャットタワーになる。
(撮影:樽井利和)

高いところが好きな猫のための箱。穴に顎をかけてリラックス。
(撮影:樽井利和)

箱は通り抜けできるよう穴が空いている。
(撮影:樽井利和)

リビングに連続する洋室を開くと、大空間となる。
(撮影:樽井利和)

廊下のへこみにはトイレが収納。邪魔にならない。
(撮影:樽井利和)

各個室には猫が行き来できるよう、猫用扉を設置。(閉じることも可能)
(撮影:樽井利和)

トイレの上部には、猫のトイレ用品や餌が収納できるボックスを用意。
(撮影:樽井利和)

この住宅事例を手掛けた建築家

ショセット建築設計室

建築家 / @神奈川県

日常がゆたかになる空間を ふと、幸せと思える空間を 一緒に考えませんか ショセット建築設計室は、横浜市青葉区桜台にて、夫婦ふたりで主宰している小さな設計事務所です。 ショセットとはフランス語で【靴下】という意味です。 靴下は足を冷やさず、汗を吸い取り、体を守る存在です。時には肌触りの良い靴下からホッとする時間をもらうこともあります。そして、2足はいつもペアで、どちらも欠けてはいけません。 私たちはこの靴下が体を守るように、住まいを通じて、快適で心が満たされる空間を提供したいと思っています。 さらに、設計には伊藤と山川のペア、私たちと住まい手のペア、私たちと施工者のペアと、常に一緒に歩み実現していきたいという願いが込められています。 楽しい家づくりをしたい!という方と、たったひとつの空間を一緒に作っていきたいです。

ショセット建築設計室

建築家 / @神奈川県

ショセット建築設計室さんの住宅事例

ショセット建築設計室さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード