2016年12月13日更新

リノベーション・リフォーム(HOW TO)

手が届く!低価格でおしゃれなリフォーム&リノベーション20選

費用500万円台以下のリフォームやリノベーションでも、それぞれの希望に沿った素敵な住まい作りができます。低予算で価格を抑えるアイデアが光る、ハイセンスでおしゃれなリフォーム&リノベーションの事例をご紹介します。

1 お気に入り追加 73673view

低価格で出来ることもリノベーションの魅力の一つ

注文住宅で自分の理想のすまいを作るのはある種の理想ですが、お金や土地など様々な制約を受けてしまいます。

そこで近年増えてきているのが、中古物件を購入して自分の好みにあった住まいへと作り替えるリノベーション。リノベーションの度合いにもよりますが、注文住宅に比べると低価格で自分らしいおしゃれな住まいを手に入れることが出来ます。

今回紹介するのはどれも工事費500万円台以下の事例。低価格でもオシャレかつ、機能的なリノベーション事例を15件ピックアップしました。

工事費350万円 戸建てのリノベーション事例

築34年の戸建てのリノベーションです。LDKとキッチンの壁を取り去り、一体化させるという簡単なリノベーションですが、無垢の集積材を生かし、リラックスした居心地の良い空間になっています。

また、キッチンとリビングダイニングの間に作業カウンターを設け、空間に適度な距離感を生み出しています。

木のぬくもりに囲まれた三鷹の家 (リビング・ダイニング)

工事費260万円 おしゃれな団地リノベーション

昭和のテイストを色濃く残した公団住宅はなんと築50年超。価格を抑えたリノベーションですが、まるでヨーロッパのマンションのような明るくのびやかな空間に生まれ変わりました。

もともと小さな3DKだった間取りを、寝室、子ども室、キッチンの3つのコーナーを持つ一室空間へとリノベーションしました。

リノベーション会社:ルーヴィス「築52年の公団住宅を最小限の工事で コンパクトにリノベーション」(リノベりす掲載)

工事費500万円 おしゃれで機能的なリノベーション

勾配天井が印象的なRC造マンションのリノベーション。LDKには5畳の小上がりをつくり、その下部を全面床下収納としました。さらに小上がり部分の壁面も、全面造付け収納とすることで、大量の収納スペースを確保しました。

勾配天井の家 (勾配屋根の家)

工事費460万円 世田谷区三軒茶屋リノベ

三軒茶屋エリアらしい、感性の高いシングル&DINKS向けの1LDKに、ほんの少しヴィンテージな装いを施したデザインです。洗練された街でありながら環境にも優れている、そんな地域の特徴を室内にも取り入れたようなリノベーション物件となっています。

風が抜ける室内窓とウッドデッキのシングル&DINKS空間 (LDK)

工事費418万円 建築家と一緒に作り上げた空間

光・視界・風が抜ける、マンションらしくない開放感
一面採光となることも多いマンションは暗い空間ができてしまいがちですが、各所に設けられた室内窓が光や風を通してくれるので、すみずみまで気持ちの良い家となりました。

建築家とつくりあげた理想のリノベーション空間 (白と木を基調としたリビングダイニング)

工事費480万円 古さと新しさをミックス

築15年の中古マンションのリノベーションです。
キッチン、バス、トイレを全て新しくするも、古き良き雰囲気は残しています。黒を基調にしながらも採光の良い間取りで明るさを確保することができました。

アーバンスタイル (洗練されたベッドルーム)

工事費480万円 オーシャンビューの景色を絵画のように楽しむ

海辺に立つ築6年の築浅マンション。
最大の特徴は、圧巻のオーシャンビュー!
無垢フローリングなどの自然素材と素晴らしい景色によって、かけがえのない空間となりました。

『Beach Style』オーシャンビューを絵画のように楽しむ暮らし。 (リビング)

工事費437万円 スギの香りが心地よい、回遊できるWICのある空間

家事動線、生活動線が効率的であることを重視し、色は多用せずシンプルで温かみを感じる開放的な空間にすることが住まい手の希望。
ほぼバリアフリーになっている床は、贅沢に自然素材を使い、思わずゴロゴロと寝転びたくなります。

回遊式WICは見た目も使い勝手も上々。スギの香り漂うリノベーション (リビングダイニング1)

工事費576万円 アンティークな雰囲気の住まい

築27年、床面積76平米のマンションリノベーション。アンティーク家具とパステルカラーの壁の組み合わせがおしゃれですよね。

お気に入りのアンティーク家具とマッチするような素材感のある家を目指しました。床には無垢材、造作建具には古材を利用。和室の間仕切り壁を取払い、開放的なリビングに仕上がっています。

S邸・Shine&colorful HOME (リビングダイニング)

工事費530万円 素材にこだわったマンションリノベーション

80平米弱のマンションのリノベーション。ナラ材の床や、家具職人の手作りの作りつけの家具など、住み手のこだわりが随所に光るリビングです。ナラ材の床は光の当たり具合によって様々に変化し、この空間に豊かな表情を与えています。

兵庫県N邸 (ダイニング)

工事費440万円 都心のヴィンテージマンションの事例

都心の中古マンション(秀和レジデンス)をフルリノベーション。TRUCKのソファ、アントチェアなど、お気に入りのヴィンテージテイストの家具を生かした、シンプルな空間に生まれ変わりました。

都心のヴィンテージ秀和をリノベして 自分たちらしいインテリアを (リビングダイニング)

工事費320万円 パリのアパルトマン風住まい

セカンドハウスとして住まわれる50平米のマンションをリノベーション。パリのアパルトマン風の壁紙、シート床に変えることでお部屋の雰囲気がガラッと変わりました。映画『アメリ』に出てきそうなとっても可愛いお部屋です。

アパルトマンみたいなセカンドハウス リノベーション (ダイニングキッチン)

工事費570万円 土間が魅力のリノベーション

92平米と広めのマンションを、間取りから大胆にリノベーション。広めの土間を設け、趣味の空間として使えるようになりました。リビングに接して小上がりもしつらえてあり、手の込んだリノベーションと言えます。

リノベーション会社:石井大吾デザイン室一級建築士事務所「自転車、読書、音楽、料理……。 趣味を楽しめる土間が中心にある家。」(リノベりす掲載)

工事費320万円 ハンモックが似合う明るい住まい

70平米のマンションリノベーションです。ビビッドな壁面とハンモックが目を引くこのお部屋は、広めのリビングダイニングを家具によって仕切りながら住みこなすことを想定してリノベーションされました。水回りは既存を生かすことで低予算によるリノベーションを可能にしています。

リノベーション会社:LOHAS studio「ハンモックで過ごすグラマラスな休日」(リノベりす掲載)

工事費350万円で出来た、和モダンな空間

68平米で築21年の中古マンションをリノベーション。一階であることを生かし、開口側に土間を設けています。障子の建具や本棚は造作し、畳は縁のない琉球畳に張り替えました。和風ではあるのですが、照明やブラインド、建具も相まってモダンでおしゃれなお部屋になっています。

『350 WASABI』和の素材がピリッと際立つモダンな空間 (和室-縦型ブラインドによる間仕切り)

工事費138万円 アジアンテイストのおしゃれなおうち

75平米のマンションリノベーション事例です。間仕切り壁で区切られていた和室を、壁を取り除き小上がりとすることで、段差によってリビングダイニングと区切っています。

家具や照明、ブラインドから施主の趣味であるアジアンテイストが感じられる、おしゃれなお部屋ですね。

大好きなアジアンテイストを、ぎゅっと集めた素敵な住まい (リビングダイニング)

工事費500万円 無垢材であたたかなすまい

築7年とあまり築年数が経っていないマンションのリノベーション事例。

築年数が経っていないこともあり、劣化はみられなかったものの、もう少しあたたかみが感じられるすまいにしたい、ということで、床や建具を肌触りの良い無垢材やタイルに。
また、和室を間仕切る壁を取り外し、リビングダイニングと連続的に使える畳スペースとしました。

N邸・素足が気もち良い 広々リビング (LDK)

工事費580万円 リビングとつながる畳の小上がり

約70平米のマンションのリノベーション事例です。

もともと和室だったリビング横のスペースを、畳の小上がりとしています。小上がりには、畳下収納、掘りごたつ、PCデスクが備えてあります。テーブルとちょうど目線が合う高さになっているのでソファとしても使えそうですね。

LDKと一体感のある畳スペース (リビング、小上がり和室)

工事費520万円 清潔感のあるモダンなお部屋

築28年で71平米のマンションのリノベーション事例です。

セミオープンだったキッチンは、オープン型にすることでコミュニケーションを楽しめるキッチンに。リビング横の和室をリビングとつなげることで、開放感ある明るいリビングに仕上がりました。

ライフスタイルを充実させた、間取り変更リノベーション (白を基調としたLDK)

工事費550万円 おしゃれなカフェ風すまいに変身

築39年、43平米のマンションリノベーション事例です。白を基調としたお部屋に黒いシックな家具がよく映えています。

細部のテクスチャーにこだわり、同じ白い壁でも細やかにテクスチャーを変えています。また手持ちの黒い家具にマッチする床材をチョイス。キッチンにはレンガ風のタイルを用いカフェのような雰囲気を感じさせます。

自分の時間が愛おしくなる“カフェ部屋” (落ち着きと広がりを感じる空間)

低予算のリノベーションでも気兼ねなくご相談ください。

SUVACO(スバコ)では、無料の「専門家紹介サービス」をご用意しています。

「限られた予算で何とかしたい」「どこに相談していいかわからない」「リノベーション会社を選べない…」「要望がまとめられない…」といった悩みを解決するため、住宅業界での経験が豊富なアドバイザーが親身にお応えします。

どの会社にも寄らない中立的な立場からサポートしますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた写真

  • トイレ
  • フルオープンの開放的なリビング
  • 玄関アプローチからの通り土間
  • エントランス
  • スタディコーナー

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

専門家探しに悩んだら…