マンションリフォーム・リノベーション

兵庫県N邸

費用:

530万円

延床面積:

79平米

リノベりす掲載:

あり リノベりす掲載リノベーション事例「兵庫県N邸」

内容:

LDKのカウンターデスクや廊下のディスプレイ棚は造り付けで、真鍮製のノブと気泡を残したガラスを組み合わせたリビングドアをはじめ、建具もすべて家具職人の手によるハンドメイドです。

特にNさんがこだわられたのがステンレストップのキッチン。キャビネットや棚は木、壁は質感のある大きめのタイルで仕上げました。コンロの脇には調味料が収まる引き出しを取り付け、その他の引き出しもゆっくりと閉まるレールを採用しています。全体的にはシンプルにデザインし、家具や雑貨、キッチンツールを飾って、ご家族の色を出していただけるようにしています。
-------------
【リノべりす掲載中】
こちらのプロジェクトは『リノべりす』に記事が掲載されています。

『リノべりす』とは?
扶桑社の中古マンション×リノベーション専門誌「リライフプラス」とSUVACOのコラボレーションのリノベーション情報サイトです。
http://renoverisu.jp/about/

ダイニング

光の当たり具合によって表情を変えるナラ材の床は、肌触りもよく、白壁との相性もばっちり。

DEN PLUS EGG

モノを作るときや選ぶとき 大切にしている“ものさし”があります 着ている服、使っているペン、毎日食べているものもふくめて、みなさんは普段どんなモノと一緒に暮らしていますか? そして、それらのモノはどんな基準で選んでいますか? 色、形、材質、機能、使い勝手、サイズ感やボリューム、それとも値段でしょうか?求めるモノや選ぶセンスは人それぞれ。その時の気分にもよりますし、正解も不正解もありません。ただ、DEN PLUS EGGには、モノを作るときや選ぶとき、大切にしている“ものさし”があります。これが正解とは言いません。でも、私たちはその“ものさし”をとても大切にしています。作り手の想いや考えが色や形に表れているモノであること。素材の特性をしっかりと理解して作られているモノであること。売るためのデザインではなく、使うためにデザインされたモノであること。古くてもちゃんと使い込まれたモノであること。また、新しくても使い込むことでちゃんと古くなっていくモノであること。派手さはありません。素朴です。でもなぜか美しい。DEN PLUS EGGはそんな“ものさし”を通して、床や壁、ドア、キッチンを作り、取っ手やドアノブ、照明、カーテンを選んでいるのです。