2017/07/20更新0like1698viewklug

夏本番!達人の技に学ぶ涼感テクニック

いよいよ夏本番。暑い夏を快適に過ごすために、家の中でどんな工夫をしていますか。実は冷房に頼るだけでなく、視覚や聴覚に訴えたり、夏用のカーテンで日差しを遮って体感温度を下げるなど、工夫次第で暑い夏を快適にする「涼を感じるテクニック」が色々とあるのです。
今年の夏を賢く涼しく過ごすために。そんな達人たちの技をご紹介します。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

日差しを遮る「遮熱レースカーテン」

室内の暑さの70パーセントは、窓から入ってくる熱によるものです。夏の暑さを遮るためには、窓から入ってくる日差しの熱を遮る工夫が必要です。

一般的によく知られているのが「遮光カーテン」。1級から3級まであり、性能のいいものは99.9%の遮光率を誇ると言われています。

一年中遮光カーテンを使用しているご家庭も多いと思いますが、暑い夏は、室内温度の上昇にかかわる赤外線をカットすることに特化した「遮熱レースカーテン」がおすすめです。

日陰を作る「グリーンカーテン」

夏の風物詩ともなるグリーンカーテンは、ヘチマや朝顔などツル科の植物が適しています。グリーンカーテンのいいところは、日差しを遮るだけでなく、心地いい風を運んでくれるところ。環境にも配慮した自然の恵みの日よけです。

「オーニング」でベランダから涼しく

ベランダにオーニングを取り付け、日陰を作ることで熱を和らげます。オーニングでなくても、アウトドア用のサンシェードでもよいですよ。

日本の夏の風物詩「すだれ」

日本の夏といえば「すだれ(よしず)」です。
古くから愛用されてきたすだれは、窓にかけるだけで程よく光を取り込み、風通しがいいのが特徴。今一度すだれの良さを感じてみるのもおすすめです。

海外では「バンブーブラインド」の名前で親しまれ、現代風のデザインのものをインテリアショップなどでも購入できます。

「パーゴラ」で光を遮る

第2のリビングとしても使えるパーゴラのあるテラス。一年を通じて楽しめますが、夏はシェードをかけて日差しを遮るとより快適に過ごせますよ。

水の音で感じる涼感

中庭にある水場。流れ落ちる水の音が心地よく響きます。見た目に涼しく、水音が涼を感じさせてくれ、帰宅する家人や来客の暑さを和らげます。

「ウォーターテラス」で冷風を感じて

ウォーターテラス(水盤)で家を囲った事例。冷風を室内に運んでくれ、見た目にも爽やか。ひんやりとした石の質感も伴って、より涼を感じることができます。
夏の暑さを和らげるのは体感に頼るだけではなく、視覚や聴覚など五感を使うテクニックで涼しく過ごすことができます。例年、猛暑が予測される夏。少しでも涼しく快適に過ごしましょう。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る