遠藤誠さんのプロフィール

Pro

建築家

遠藤誠

遠藤誠建築設計事務所 @東京都

「そこに在るべくして在るような建築」 を目指して設計したいと思っています。
近年の建築雑誌を賑わすような作品の傾向 (他よりも抜きん出ることに主眼が置かれ、奇をてらうことを意識しているような・・・)に対しての不信感から、最近そんな風に思うようになりました。在るべくして在る姿=必然たるデザインとは、一見地味で目にとまりにくいものかもしれません。その割にそれを追求し極めるためには多大な時間と努力を要する、効率の悪いものとも思われるでしょう。しかしそういう姿勢から、時代の流れに迎合しない、深く、長く愛されるデザインは生まれると考えています。
建築にはまず使う人がいて、敷地があり、それをとり巻く自然環境、社会環境、経済環境などさまざまな条件があります。そこに在るべき建築の姿とは?それは建築家の頭の中にあるのではなく、すでに存在している。設計という作業はそれを探し出すことであると考えています。

サービス概要

当事務所は戸建の住宅を中心に幅広い用途や規模の建築計画に対し、新築・増改築・改修を問わず設計いたします。

対応可能業務

注文住宅

住所

〒167-0043
東京都 杉並区 上荻1-18-13-801

サービス提供エリア

茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県

資格

一級建築士

目安の予算(建築家の場合は設計料)

延床面積坪当たり9万円~

経歴

1968年 神奈川県生まれ
1987年 神奈川県立小田原高校卒業
1991年 日本大学理工学部建築学科卒業
1993年 日本大学大学院(近江研究室)修士課程修了
1993年 株式会社坂倉建築研究所東京事務所入所
2006年 明星大学非常勤講師就任
2008年 株式会社坂倉建築研究所東京事務所退所
2009年 遠藤誠建築設計事務所設立
2011年 日本大学非常勤講師就任

過去の作品

2009年 5月 荻窪E邸(リフォーム)
2011年 1月 鎌倉T邸
2012年 6月 岡本N邸(リフォーム)
2012年 7月 名古屋M邸
2012年11月 深沢S邸
2013年3月 南足柄S邸
2013年7月 徳丸Y邸

受賞歴

2013年 深沢S邸にて第1回キッチングランプリ モダンリビング賞受賞

雑誌掲載・著書

2010年 2月 湘南スタイル40
2013年 7月 モダンリビング209(深沢S邸)
2013年10月 マイホームプラス34(深沢S邸)
2014年 1月 住まいの設備を選ぶ本2014春号(名古屋M邸)
2014年 5月 「これからの住宅をデザインする方法」(田園都市建築家の会共著)
2014年 7月 マイホームプラス37(深沢S邸)
2015年12月 Home&Decor BY THE SEA(元石川M邸)
2015年12月「いつまでも快適に暮らす間取りのセオリー」(深沢S邸)

趣味

スポーツ観戦(オリンピックやワールドカップの時はいつも寝不足)
スポーツ(一応やる方も、中学~大学はバスケ、今は年一度の草野球)
映画鑑賞(周防正行、山下敦弘監督作品など、あとやっぱり寅さん)
釣り(大物釣りあげて釣り新聞に出たことあります)
旅行(前事務所退職後海外だけでも6カ国行きましたが、最近は…)
DIY(電動工具一式、それに第2種電気工事士の免許も持ってます)

西が岡I邸-魅力ある空間に一新させる吹抜けと螺旋階段-

戸建リフォーム・リノベーション事例

説明: 建て主は80年代に一斉分譲された住宅地の一角を中古で購入し、リノベーションすることを選択されました。設計を依頼された我々のミッションは「外部には手を触れず、内部のみの改修で、どこまで明るく開放的な空間にできるか!」ということ。
検討の結果、余剰スペースだった2階の中央の部屋の床を取除いて吹抜けとし、2階の窓やトップライトから1階リビングまで自然光がふりそそぐ構成にしました。更に吹抜けにデッキ状のブリッジを渡して2階の主要動線とし、新たに鉄骨螺旋階段を挿入、(どうやって入れたか?が実はポイントなのですが)開放感の獲得に努めました。また、1階の水廻り空間は浴室やトイレを含めワンルームとした海外の ...

実施予算: 1400 万円

実施時期: 設計期間 2016.02~2016.05 施工期間 2016.06~2016.10

登録部屋数: 6

荻窪K邸-二世帯住宅を一世帯で使用、こだわりの部分リノベーション-

戸建リフォーム・リノベーション事例

説明: 元々は1階親世帯、2階子世帯のお住まいでした。家族構成の変化、そして住空間をよりよいデザインのものに変えたいという思いから、住まい手は住宅に手を加えることを決断。当初は建替えや全面リフォームも検討されていましたが、築年数が浅かったこと、そして施行中の仮住まいや二度の引越しもできれば避けたい等の理由により、今は使われていない親世帯のLDKと浴室に特化したリフォームを行うことになりました。
建て主のご主人は建築デザインに造詣も深く、吉村順三が設計する住宅のような落ち着いたテイストがお好み。LDKは無垢の木材や漆喰などの自然素材を使用して、基本的にはなるべくオープンで素直な空間としつつ、壁の構造補 ...

実施予算: 1000 万円

実施時期: 設計期間 2015.10~2016.01 施工期間 2016.02~2016.06

登録部屋数: 6

桃井M邸-中庭を中心としたコの字配置の立体コートハウス-

注文住宅事例

説明: 敷地は四方が建物で囲まれた旗竿形状です。このような住環境の場合によく推奨する、2階リビングの立体コートハウスをご提案しました。
1階はコの字型の配置、門扉を介して一旦中庭を経由してから玄関にアプローチするスタイル。センターからアクセスすることによって廊下面積が最小限のコンパクトなプランを実現しています。一方2階は勾配天井を持つ大きく開放的なLDKが中心で、南側にはデッキテラス、中庭上部の吹抜け、小さな和室が一列に並ぶという構成です。この中庭は完全なプライバシーが確保されており、適度な採光や通風を享受するとともに、住まいの各所から窺える魅力的な中間領域となっています。
ただし・・・、中庭を経 ...

実施予算: 3100 万円

実施時期: 設計期間 2014.10~2015.03 施工期間 2015.04~2015.09

登録部屋数: 14

元石川町M邸-おおらかな片流れ屋根の下から望む眺めの家-

注文住宅事例

説明: 施主のMさんには、前から何度か当事務所のオープンハウスにお越しいただいており、特に若林M邸を気に入っていただいたとのことで、敷地が決まる前から新居設計のご依頼を受けていました。土地探しの協力もありやっと見つかったこの敷地は、緑豊かな環境の高台にあり、計画的には西側隣地の緑地や北側遠方まで広がる眺望をどのように取り込むかがカギになります。
この住まいの特徴は西下り片流れの大屋根、その下は勾配天井を持つLDで、可動間仕切りを介して2階の子供部屋まで空間が連続します。リビング西側は一層下のレベルにある駐車場上まで張り出すデッキテラス、その上は夏の西日をカットする深い軒としました。
その他の各部屋 ...

実施予算: 3700 万円

実施時期: 設計期間 2014.07~2014.12 施工期間 2015.01~2015.08

登録部屋数: 9

下連雀Y邸-L・D・K・中庭の関係性がつくりだす心地よい空間-

注文住宅事例

説明: ファーストプランの時に一番考えたのは、既に2階配置が決まっていたL・D・K及び中庭との相互関係でした。提案プランは決してインパクトの強いものではありませんでしたが、施主のYさんにはこのバランスを気に入っていただき、ご採用いただけたようです。
中庭とデッキテラスをL字型に囲む立体コートハウスで、LDKのみならず1階寝室や土間玄関からも、塀で囲われた中庭を介して採光、通風、そして緑の眺望を享受することができます。またL・D・Kは異なる天井高とするなど、家全体の空間は緩やかにつながりながらも抑揚のある構成となっています。
中庭のシンボルツリーを、最後にYさんと共に植栽畑に選びに行った際、なかなか ...

実施予算: 2900 万円

実施時期: 設計期間 2014.06~2014.11 施工期間 2014.12~2015.06

登録部屋数: 9

中村プロジェクト-注文住宅同様に丁寧につくりあげた5棟の建売住宅-

その他事例

説明: 以前、若林M邸を施工いただいたカオル工務店からお声掛けいただいたプロジェクトで、デザインにとことんこだわった建売住宅というお題です。非常に興味深いテーマでしたが、当時は業務が飽和状態であったため、マスタープランとデザイン監修という立場で参加させていただくことになりました。
こだわりのデザインといっても、建売住宅にありがちな外装にちょっとタイルを使う?といったぱっと見のことではなく、空間自体の豊かさをじっくりと追求しようというスタンスです。また、 2階リビング+デッキテラスなど結果として各棟共通となった要素もありますが、それぞれの敷地にベストマッチする設計を目指したので、ひとつひとつのプランは ...

実施時期: 設計期間 2014.04~2014.09

登録部屋数: 13

柿の木台M邸-天窓付き階段を中央に配する2階リビングの家-

注文住宅事例

説明: 通常2階にリビングを置くプランは、明るく開放的なLDKとなる一方で、1階にその分のしわ寄せが生じます。また平面の中央に階段を配する案は、全体の動線がコンパクトに収まる一方で、広々とした空間が確保し難い傾向があります。この住宅ではその両方を採用し、更に階段真上をトップライトにすることなどによって、それらデメリットの解消を試みました。だから一見どこにでもありそうで、あまり見かけないにプランになったかもしれません。
施主のMさんは建築デザイン全般に対する造詣が深く、空間に対する光のあり方に鋭敏で、よってこんなちょっと変わった?空間構成の提案に対しても深くご理解いただき、受け入れていただいたように思 ...

実施予算: 2800 万円

実施時期: 設計期間 2014.03~2014.08 施工期間 2014.09~2015.03

登録部屋数: 7

入間町A邸-中庭とデッキテラスを中心に配した二世帯住宅-

注文住宅事例

説明: 閑静な住宅街に建つ完全分離二世帯住宅です。
親世帯、子世帯とも1階の接地性と2階の採光や眺望の両方をご要望でしたので、それぞれ2階建ての住まいを並列する構成としました。その間の1階に緑豊かな中庭、2階にその中庭とも立体的につながるウッドデッキのルーフテラスを配しています。これらのスペースは世帯間の緩衝帯に、またある時は共用のスペースとなり(例えばルーフテラスで両世帯が一緒に食事をしたり…)、お互いに距離感をコントロールできるような関係をつくりだしています。
この住宅もそうでしたが、二世帯住宅の場合、生活スタイルやインテリアの志向もそれぞれ全く別ということが多いと思います。そんな場合でも相手 ...

実施予算: 4500 万円

実施時期: 設計期間 2013.04~2013.09 施工期間 2013.10~2014.03

登録部屋数: 12

若林M邸-既存樹木を活かした3つの中庭を配する棲家-

注文住宅事例

説明: 年配のご夫婦のための住宅です。
古屋が建つ敷地に初めて訪れた際、世田谷の一等地であるにも関わらず緑が豊かな、まるでお屋敷のような佇まいに驚かされました。敷地の大きさに対してご要望の建坪はゆとりのある計画であったため、いかにこの既存樹木や場の持つ雰囲気を継承しながら、落ち着いた棲家をつくることができるのかを考えました。
結果的に既存樹木の松のあいだを縫うように建物を配置し、それぞれに特色のある3 つの庭をもつコートハウスに。また、素材的にも年月を重ねるほどに味わいの増すような自然素材を積極的に取り入れました。移動するたびに庭との係わり方が変化し、さまざまな場所に「ほっ」とできる居場所のある住 ...

実施予算: 3500 万円

実施時期: 設計期間 2012.12~2013.04 施工期間 2013.05~2013.12

登録部屋数: 10

徳丸Y邸-高密度でもゆとりある庭を配した二世帯住宅-

注文住宅事例

説明: 敷地は3階建ての住宅が建ち並ぶ周辺環境で、ここに建蔽率、容積率ほぼマックスの3階建て+ロフトを配した二世帯住宅(1階が親世帯、2~3階が子世帯)をつくるというお題です。
しかし高度斜線や道路斜線(天空率使用)の規制も厳しく、設計は建設可能なボリュームの中にぎゅうぎゅうとプランを詰め込む作業に。それでも開放感のある住空間を目指し、建物をL字型に配置、南東側に立体的にオープンスペース(坪庭やデッキ、ルーフテラスなど)を設けることで、採光と通風、開放感を得ながらも、プライバシーの保たれた住環境となることを試みました。

実施予算: 2900 万円

実施時期: 設計期間 2012.09~2013.01 施工期間 2013.02~2013.07

登録部屋数: 10

南足柄S邸-南面採光と北側眺望を得るためのスキップフロア-

注文住宅事例

説明: 私の生まれ故郷、神奈川県西部にある南足柄市に建つ住宅です。
ご実家の土地を分筆して計画するため敷地はかなり変形しており、狭い部分では2間幅。でも現在計画地に建っている2階建てのプレハブ倉庫から見る北側の眺望は美しく(私自身も懐かしい光景)・・・、それを見た瞬間、その場で友人に2階北側をリビングにして大きな窓を設けることを提案。ただし南からの日当たりも得たいのでスキップフロアにして南に高窓を設けて・・・と、構成はあっさり、という感じで決まっていきました。

実施予算: 2300 万円

実施時期: 設計期間 2012.04~2012.07 施工期間 2012.08~2013.03

登録部屋数: 8

深沢S邸-空間が連続し家族が繋がる立体回遊プラン-

注文住宅事例

説明: お施主さんにいただいたリクエストの中で印象的だったコメントは「理想は平屋」ということ。もちろん敷地面積から物理的にそれは不可能。しかし家族の繋がりを最重要に考え、どこにいても家族の気配が感じ取れることを熟考した結果、全体を1/3層づつずれるスキップフロアとして、空間のシークエンスを最大限に活かした構成にたどりつきました。
その他にもこの3階建ての大きな住宅には、いたるところに空間演出の仕掛けがちりばめられています。各々のコーナーで気持ちの良いシーンが生まれ、それらが連続してひとつのストーリーとなることを目指しています。

実施予算: 9000 万円

実施時期: 設計期間 2011.07~2012.02 施工期間 2012.03~2012.12

登録部屋数: 14

名古屋M邸-高窓のある吹抜け空間を中心としたかもめ食堂-

注文住宅事例

説明: 北側隣地はご主人の実家であるためなるべく影を落とさない配慮が必要で、一方南、東側は2階建ての建物が近接という立地条件でした。ご家族のイメージから食卓を中心とした住まいで、その周りを個室が取り囲むというプランニングを提案。1階中央にダイニング上部を吹き抜けとして2階南面の高窓からの光で家全体を明るく包むという構成をベースとして計画しました。
もうひとつ、住まい手の空間イメージに対するリクエストは映画の「かもめ食堂」。北欧チックな素材感に留意しつつ、シンプルで素朴で、肩の力の抜けた清々しい住まいとなることを目指しました。

実施予算: 2000 万円

実施時期: 設計期間 2011.08~2012.01 施工期間 2012.02~2012.07

登録部屋数: 8

岡本N邸 -シンプル&ラグジュアリーのハーフリフォーム-

マンションリフォーム・リノベーション事例

説明: 私が坂倉事務所時代に設計したマンションの一室のリフォームです。中古で購入したNさんは、ホームページで私が設計したことを知り「どうせならリフォームも同じ人に設計を…」ということで連絡いただきました。驚いたのはこのNさん、建築の超エリートコースをまっしぐらという学歴の方で、でも今は建築とは無関係のお仕事をされています。そんなデザインを熟知されている方に設計をご依頼いただいたことは大変光栄なことですが、それ以上に嬉しかったのは私の設計した建築が10年近く経ってもなお、そういう方に評価していただいたということ。今後も長く愛される建築をつくっていきたい!と改めて思った次第です。

実施予算: 1000 万円

実施時期: 設計期間 2012.03~2012.04 施工期間 2012.04~2012.06

登録部屋数: 6

鎌倉T邸 -南北への眺望が得られる2階オープンLDK-

注文住宅事例

説明: ハウスコという住宅のネットコンペ「~広々LDKのシンプルモダン~低コスト」で採用していただいた鎌倉市のT邸。当事務所、最初の新築プロジェクトとなりました。
敷地は北斜面の造成地で、敷地地盤より約2m高い南側隣地に桜の木で囲まれた公園があります。住まい手の生活の中心はLDKで、十分な広さを望まれていましたので、2階の全てをこれに当て、南北は大きな開口部で開放。一方1階は小さな個室群を引戸を介して並べるというメリハリの効いた構成です。

実施予算: 2400 万円

実施時期: 設計期間 2010.04~2010.07 施工期間 2010.08~2011.01

登録部屋数: 10

アイテムは登録されていません。

この専門家への評価は投稿されていません。