戸建リノベーション・リフォーム

嵯峨の家-1

面積:

128㎡

エリア:

京都府京都市

実施時期:

2014年

内容:

嵯峨、大覚寺の門前という穏やかな環境に建つ木造住宅の改修計画です。
メインスペースであるリビング・ダイニングルームをリフォームし、それに接する外部空間を内部とひと繋がりのスペースとして活用できるようデザインしました。
屋外での生活もより積極的に楽しんでもらえるように、この外部空間全体を板塀と木製ルーバーで覆い、隣家からの視線をカットしつつ、半ば内部空間にいるかのように包まれた雰囲気をつくることを意図しました。

この住宅事例を手掛けた建築家

奥野八十八

建築家 / @京都府

クライアントのご要望を満たすことは勿論のこと、気候風土に逆らうことのない自然なデザイン、周辺環境との調和を大切にしつつ、その家にしかない「何か」を見つけたいと思っています。

奥野八十八さんの住宅事例

奥野八十八さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード