2016年07月21日更新

インテリア(壁/床)

インテリア上級者も憧れる「ヘリンボーンの床」の魅力を大解剖!

フローリングの張り方には、いくつかの種類がありますが、その中の一つに「ヘリンボーン」というものがあります。この柄は美しい模様が特徴的で、床をヘリンボーンにするだけで上品で高級感溢れる雰囲気になると、インテリア好きさんからも大変人気があります。そんなヘリンボーンの床の魅力に迫ってみましょう。


ヘリンボーンってどんな柄?

長方形の板を編むように交互に重ねていくヘリンボーンは、ニシンの骨の形状と似ていることが名前の由来とされています。木幅や長さ、組み合わせる色によっても床の雰囲気が大きく変わるのがポイントです。

EUオークヘリンボーンE(東京工営)

ストライプのようにも見える

アンティークなカウンターキッチンをさらに引き立てているのが、ヘリンボーンのフローリングです。板の向きが一列ごとに変わるので、光の当たり方や見る方向によってはストライプのようにも見えます。

ときめくヴィンテージ

色味を変えてランダム感を出す

板の色味にバラつきを出すと、より一層味のある雰囲気になります。こちらのお部屋は全体的にシックな印象ですが、どこか温かみを感じるのはヘリンボーンの床が織りなすハンドメイド感のおかげかもしれません。

ヘリンボーンと大好きな和民芸

ダークな色を混ぜる

濃いめのブラウンの板を混ぜたヘリンボーンです。床が個性的なので、家具がシンプルでも空間がおしゃれに見えるという利点があります。

LDKをできるだけ広く。その分寝室は最小限の広さに

白を混ぜる

フランス映画のワンシーンのようなお部屋を飾っているのは、白い板が混じったヘリンボーンの床です。板の色を変えるだけで雰囲気もガラリと変わりますし、よりオリジナリティを出すためにランダムに組み合わせることで、他にはない床ができあがります。

「あなたらしく。ファッションのように」F邸

アンティーク加工

こちらの事例の床は、わざと削り込んだ板を使うことによってさらにアンティーク感を出しています。ヘリンボーンの床は、実際にヨーロッパの洋館などでも用いられているそうなので、お部屋をそういったイメージにしたい方にはぴったりですね。

小さな古い洋館に暮らす

床以外もヘリンボーン張りが出来る

床と同様にキッチンカウンターもヘリンボーン張りを採用しているお宅です。床だけでなく、壁やテーブルの天板をヘリンボーンにして楽しむ方もいるようですよ。

Stich —異なる素材をパッチワークのようにつなげて

コンクリートとの相性も抜群

ヘリンボーンの床に合わせて壁や天井を剥き出しのコンクリートにする事例も多くみられます。コンクリートはクールで無機質なイメージがありますが、それをヘリンボーンの持つ温かみが程よく緩和してくれます。

リノベーション会社:株式会社 空間社「独特のヴィンテージ感ある空間」(リノベりす掲載)

このようにヘリンボーンには様々な選択肢があり、その分だけ魅力も無限大に広がっています。たくさんの人から愛されるヘリンボーンの魅力にぜひ触れてみて下さい。

この記事を書いた人

Meruさん

賃貸でも出来るセルフリノベーションとマイペースに格闘中。
カフェ風や男前インテリアが好き。

最近お気に入りされた事例写真

  • シンプルな外観
  • 収納たっぷりのキッチン
  • 2Fトイレ
  • 明るい2階LDK
  • キッチン

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問