2015年02月25日更新

おしゃれな部屋事例(リビングダイニング) , おしゃれな部屋事例(その他)

家族の気配を常に感じられる。リビング階段のある家

ご自宅の間取りを考えるとき、階段、廊下を決めてから各居室を配置することが多いです。居室のプライバシーや動線の確保としていい方法です。一方、各部屋の一部に階段をつけるおうちも増えています。こういったリビング階段のあるおうちは、家族が顔を合わせる機会が多くなり、子供が必ずリビングを通過してから自室に行くようになります。
コミュニケーションが自然と増える「リビング階段」のあるおうちの事例をご紹介します。


屋上、リビング、その下にダイニングとひと続き。屋上をガラス張りにすることで吹き抜けになっています。お昼には外光を十分にお部屋に入れて気持ち良く過ごすことができそうですね。

奥沢の家~ルーフガーデンの家

まるでヨーロッパのおうちのように素敵な雰囲気です。階段もアイアンの手すりで素敵なデザインになっています。
大理石調のフローリングで少し冷たい印象ですが、床暖房が入っているので大丈夫ですよ。
帰ってくるのが楽しみになるようなおうちですね。

横浜市M邸:旧家の耐震フルリフォーム

リビングとダイニングの間に柱を配置し階段をつけています。
まさに家族がいつでもコミュニケーションをとることができるリビング階段と言う感じです。

世田谷区I邸~RUSPIC~

リビング階段は、階段下の部分をどうするかで雰囲気も変わってきますよね。
こちらでは階段下に収納、カウンターをしつらえています。大きなアイランドキッチンと合わせて、自然と家族が集まってくるダイニングになりそうです。

(東京都あきる野市)武蔵増戸のR屋根の家

リビング階段を、あえて踏板だけにしています。吹き抜けから光が差し込んでその影が芸術的です。
カウンターテーブルがあるダイニング部分とソファを置いたシンプルなリビング、階段の一部が飾り板になっているのも面白いですね。

大井の家

まるで舞台のようなリビング階段の上り口。様々な用途として利用できそうです。
窓や空間も大きくとってあり、どこにいても家族を感じることができる家です。

城ヶ崎海岸の家

リビング階段を上がれば吹き抜けに廊下。家族をいつでも感じてください。廊下を通るその足音でも、家族の気持ちを感じることができそうですね。

Bridge-桜上水の家

階段や廊下の部分を居室の一部として、広さを感じることもできるのが「リビング階段」です。
狭いおうちでも、広いおうちでも、間取りとして利用できますので参考にしてください。


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • トイレ
  • 赤坂の家 書斎
  • キッチン
  • 2階子供部屋
  • 緑を感じる庭

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問