2019/03/17更新0like2060view藤間紗花

懐かしくておしゃれ。昭和の雰囲気漂うレトロな住宅

古い住宅をリノベーションするなら、懐かしい雰囲気を残したレトロな住まいにするのもおすすめ。最近では外国風のヴィンテージテイストが住宅でも流行していますが、昔の日本の住まいだって、とってもおしゃれ。今回は昭和の雰囲気漂う、レトロでおしゃれな住宅をご紹介します。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

古民家カフェのような、和洋折衷の住まい

53年の歴史ある家屋をリノベーション。昔からある素材を残しつつ、空間を新しく造りなおし、和洋折衷のおしゃれな住まいに変身させました。

ランプやテーブルなどのインテリアも、経年の感じられるヴィンテージなものを選択。
古民家カフェのような、懐かしさとあたたかみのある洗練された住まいになっています。

家族でゆったりと過ごせる、懐かしい住まい

庭を一望できる大きな窓の前に置かれた籐の椅子、家族で食事を囲むダイニングにやわらかな灯りをこぼすペンダントライト…。昭和の雰囲気を残した映画のセットのように美しい住まい。

食事をとったり、お茶の時間を楽しんだり。古い家の間取りには、家族の時間を大切にするヒントがたくさん潜んでいます。

ときには庭を眺めながら、親子水入らずの時間を楽しんでみては?

100年後も住み続けたい!歴史を受け継ぐ住まい

100年使われてきた柱と貫による伝統構法で建てられた住宅を、さらにこの先の100年も使っていけるように、同じ構法でリノベーション。

空間が広く空気が抜けやすいため、冬に暖かく過ごせるよう暖炉を設置。古き良き日本家屋の雰囲気を残しつつ、明るい洋室のある洗練された住まいに変身しました。

まったりくつろげる和室リビング

フローリングの洋室ではなく、畳の敷かれた和室リビングはいかがですか?

部屋の真ん中にはちゃぶ台を置いて、ふかふかの座布団でほっと一息。家族みんなでちゃぶ台を囲むのも、古き良き昭和のスタイルです。

リラックスしたいときには、和室を活かしたローソファに腰をおろして、まったりテレビ鑑賞。足の高い椅子ではなく、床に直接座る形で長年過ごしてきた日本人の生活スタイルにぴったりのリビングです。

ポップな柄タイルで、ぐっとレトロでおしゃれに

昭和のキッチンといえば、ポップな柄タイル。色の組み合わせ次第で、今風にもレトロにも変身します。

大胆な色使いのタイルは汚れが目立ちにくいうえに、掃除がしやすい素材であることもメリットのひとつ。毎日の台所仕事が楽しくなりそうですね。

ステンドグラスがあれば、クラシカルな印象に

カラフルなステンドグラスも、昭和レトロの雰囲気を生み出す神器のひとつ。
大きな窓をステンドグラスに変えれば、空間全体がぐっとクラシカルで上品に変身します。

日中は太陽光がこぼれ、夜は外界のライトで煌めくさまは、なんともロマンチック。

日本の家と言えば、やっぱりこたつ!

日本人が昔から大好きなこたつ!「おしゃれな家に住みたいけど、こたつは絶対欲しい!」という人も多いのではないでしょうか。

リビングに小上がりの和室スペースをつくり、大胆な掘りごたつに。窓際にはタイルを張って、縁側のようにくつろぐこともできます。
今回は、昭和の雰囲気が感じられるレトロな住宅をご紹介しました。
昭和レトロには、ポップでおしゃれな住まいをつくり出すヒントが隠されています。すぐに真似できるアイデアもたくさんあるので、ぜひ参考にしてみてください。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

リノベーション向き物件探しが得意な会社

リノベーションをするために物件を探している方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る