2015年01月26日更新

リフォーム・リノベーション(その他)

古き良き日本を感じる古民家リノベーション♪

古民家をリノベーションして住む方が増えています。新築より安いだけではない「古民家」の魅力についてお伝えしたいと思います。
飴色になった柱、木枠の扉、すりガラス・・・そこには長い間誰かが住んでいて、色々な生活スタイルがあり建てられたもので、今からおよそ50年~80年前後に建てられた日本家屋。昔の建物にはよくいい木が使われている事があり、リノベーションして住む場合でも多くの木材を部分を残してリノベーションされる事が多いです。
そんなぬくもりを感じさせてくれる古民家リノベーションを集めました。

1 お気に入り追加 24866view

飴色に光る柱は時代が作った色で、作ろうと思ってできるものではありません。これも古民家の魅力。また住むにつれて味が出てきます。暖炉を付けることでより温かさを感じさせてくれる空間に・・・。

pinterest.com

出典:pinterest.com

古民家を改装して宿泊施設に。板の間を掘り下げたソファーが素敵です。
洋の部分も感じながら、古い所を上手に取り入れた世界感が味わい深い作り。
観光で訪れる人々の人気の宿。緑とやわらかい日の光が差し込むお部屋で人気の理由がわかります。

ojika-stay.jp

出典:ojika-stay.jp

古民家を改装したカフェも人気ですね。こちらのカフェは、築60年の古民家を改装されたそう。ほっこり和むと、地元にも観光でも人気スポットです。梁や床など木を身近に感じる事ができます。

kyotomoide.exblog.jp

出典:kyotomoide.exblog.jp

こちらは外国人のご主人と日本人の奥様が、古民家をリノベーションされたそうです。和と洋がうまく調和されていますね。秘密基地のようで、木のぬくもりを目いっぱい感じられます。

jp.wsj.com

出典:jp.wsj.com

こんな風に、洋風にリノベーションすることだってできてしまいます。柔らかいブルーが空とマッチ。ペイントする色もポイント。こちらのお宅は、昔からよく日本に建つタイプのお家。でもちょっと手を加えることで、こんなに現代風になるんですね。

SooS house

こちらのお家は、縁側をうまく利用して素敵なコーディネートをされています。リビングもとっても落ち着いた空間になっていますね。古い家を大事にされている感じが伝わってきます。

ideelifecycling.com

出典:ideelifecycling.com

縁側をはさんで見るお庭は緑であふれています。
古さの中に温かさを感じるリビングはゆったりできそうです。

ideelifecycling.com

出典:ideelifecycling.com


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • 洗面
  • 玄関
  • 広々玄関(撮影:Y.Harigane)
  • 浴室・洗面所
  • エントランスホール

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問