2016年09月27日更新

リフォーム・リノベーション(その他)

一人暮らしのこだわりリノベーション事例7選

中古マンションや団地をリノベーションして、一人暮らしを楽しんでいる人達が増えています。その人らしさが強く表れるのがリノベーションの良さです。個性的なスタイルは見ていると飽きることはありません。


2DKをワンルームに!コストを抑えて無駄のないリノベーション

2DKのマンションをワンルームにして、日当たりの良さを生かし広々とくつろげる空間に変えています。ベッドルームは可動式の間仕切りを利用して来客の時は見せない工夫などは参考にしたいところです。床も明るい色に、壁もオシャレな壁紙でアクセントをつけています。

SOHO 一人暮らしの充実リノベーション

木のぬくもりが伝わるカフェのようなほっとする空間

ナチュラルでどこかほっとするカフェのような空間。カウンターキッチンからリビングへと縦に長く繋がっていて広さを感じさせます。天井からぶら下がったアンティーク調のペンダントライト、赤いソファなどがいいアクセントに。

木の素材に囲まれた“女性好み”1LDK空間

築40年の団地がバーに変身

招かれた人だれもがここはお店?と勘違いしてしまいそうなキッチンが目に飛び込んできます。キッチンが完璧なバー空間に変身をしてしまっています。バルコニーに面したラウンジコーナーなど、お客さんが来ても楽しめる工夫がいっぱいです。

団地がオシャレなバーに変身! もてなしとくつろぎのシングル・リノベ

ワークススペースも確保したカジュアルモダンなオシャレ空間

男性一人暮らしのお部屋です。空間を仕切らずにリビング奥にワークススペースを設けたことで、ゆとりある部屋になっています。仕事場所とくつろぎ場所、メリハリがしっかりとついています。

一人暮らしを楽しみながらリノベーションで形づくる"ジブン”らしさ

異なったテイストもうまく調和させた空間

部屋全体をフレンチに、洗面やトイレなどはヴィンテージでまとめた部屋。異なったテイストのインテリアも部屋を分けて使うことによってうまく調和しています。 ラベンダー色の壁紙、ラズベリー色のドアなど、どこか可愛らしくもありながら落ち着ける部屋になっています。

ヴィンテージ×フレンチ。「私らしさ」の心地よい共存。

突然リビングに現れた大きな白い箱の正体は?!

こんなの見たことない!だれもがびっくりしてしまうのはリビングに入った瞬間に目に飛び込んでくる大きな白い箱!実はここは寝室になっているのです。上部は空いているために圧迫感は感じないそう。
考えてみれば寝る場所は小さくても良いですね。意外に使い勝手もいいようです。

DIP-箱の中に箱がある47m²のワンルーム

間仕切りを最低限だけにした真っ白なワンルーム

人気の団地リノベ。築40年の団地が間仕切りのない開放的な部屋に生まれ変わっています。どこも真っ白で清潔感あふれる空間。狭い、使い勝手が悪いというマイナスイメージのある団地の部屋だったとは全く思えません。

新金岡団地の白いワンルーム (キッチン)

自由な発想で思い思いのスタイルを楽しんでいる人が多いですね。一人暮らしなら自分の思い通りのリノベーションをしやすいので、思い切り冒険してみるのもいいかもしれません。

この記事を書いた人

いんこさん

インテリアが好きで、建築士の主催する教室でインテリアコーディネートを専門的に学びました。現在は、アンティーク風の家具や雑貨を集め、部屋をコーディネートしています。鳥(特にセキセイインコ)、薔薇雑貨がお気に入り。

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • 自然素材を使用した、解放的なリビング・ダイニング
  • 4mステンレス無垢坂アイランドキッチン
  • リビング
  • ラグジュアリーベッドルーム
  • エントランスホール

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問