2016年03月17日更新

おしゃれな部屋事例(その他)

インテリアの主役になる"階段"のある家

1階から2階へ、2階から3階へと上がったり下がったり...。玄関から見える階段、リビングから見える階段。さまざまな間取りがありますが、家の中でいちばんたくさんの表情が見える場所が「階段」ではないでしょうか。

一段、また一段と上がるたびに「ああ、こんなこともあったな」と思い出が蘇る。
置きっぱなしのランドセル、家族の笑い声、四季折々の風景など、階段にまつわる思い出は意外にもたくさんあるもの。ただ、上階へと上がる通路ではなく、インテリアの一部としてこだわるオーナーが増えているのは、ノスタルジックな記憶によるものかもしれません。そんなインテリアの主役になる階段がある家をご紹介します。


家族の笑い声が響くリビング階段

リビングから上階に続く階段は、毎日家族が行き来するだけでなく、たくさんの表情が垣間見られる場所です。子供の成長を見守ったり、仕事にでかける夫や妻の様子など、ただリビングを通る・・・それだけのことですが、そこから会話が生まれ、家族の絆を深めます。

そんな家族の笑い声が響く階段の事例を集めてみました。

A2-house「shell house」

リビングダイニングから続く木製スケルトン階段。上下階とも階段の正面に窓があるので、四季の移り変わりを存分に感じることができます。

玉川上水の家

スケルトンタイプの階段は、窓の景色はもちろん、家族の様子や話い声が階下から響きます。
こちらはリビングだけでなくテラスにも面していて、子供が遊ぶ様子やガーデニング、バーベキューホームパーティーなど、楽しい思い出が次々と増えていきそうです。

イリタビーチハウス

螺旋階段がリズム感溢れるリビングを演出

くるくると支柱の周りを回るリズム感が心地いい螺旋階段。
デザインもさることながらスペースを取らないため、狭小住宅や三階建て住宅でも取り入れることが多い階段です。

『片瀬山の家2』景色を楽しめる屋上デッキのある住まい

その秀逸なデザインをインテリアの主役として捉え、空間美を追求するオーナーも。白い床や壁と同じ、白い階段で上階へとつなぎ、流れるような曲線がドラマチックな階段です。デザイン性の高い椅子をさりげなく配置し、アートのような空間が生まれました。

螺旋階段の魅力はまだまだ拡がります。

akari庵

少しの段差から生まれるステップフロアと空間美

リビングから数段、小上がり的な要素を持つステップフロア。その数段の階段があることで、空間に拡がりと奥行きが生まれます。

窓をたくさん設けることで、光が降り注ぐ明るいリビングへ。高い位置に窓を設置することで、プライバシーも守れます。

燕居 swallow house

コンクリート打ちっ放しのモダンなリビングは、数段の階段により、一部屋でありながら別の部屋のような印象を与えます。大きくくり抜かれた壁のデザインや照明の陰影で、立体的で雰囲気のあるリビングです。

八王子ツリーハウス

上階と下階をつなぐのが本来の階段の役割ですが、デザインや仕様によってはインテリアの主役になれる可能性を秘めています。ぜひ、家づくりの参考にしてみてください。


この記事を書いた人

klugさん

フリーライター。築30年の分譲マンションを昨年リフォームしたばかり。DIYを楽しみながら、夫と娘たち(一人とワンコ一匹)とのユニークな日々を過ごしています。

最近お気に入りされた事例写真

  • トイレ1
  • 居心地の良い小上がり/収納スペースも確保
  • リビングダイニング4
  • リビング
  • エントランスホール

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問