2017年04月16日更新

インテリア(その他)

チェッカーガラスの窓でおうちをレトロかわいい雰囲気にするコツ

ガラスには気泡や模様が入ったものなど色々な種類がありますが、アンティーク調なインテリアが好きな人から特に人気が高いのがチェッカーガラスです。ワッフルガラス・チェックガラス・モザイクガラスとも呼ばれ、レトロかわいい雰囲気を演出してくれます。家のどんな場所で用いることが出来るのか、いくつかの事例を見てみましょう。

1 お気に入り追加 16581view

ドアのアクセント

チェック柄のガラスはそれだけでインテリアのアクセントになってくれます。ドアを全面木材にすると重厚感が出過ぎてしまう場合がありますが、半分をチェッカーガラスにすることで圧迫感を軽減しつつ、お部屋にポイントを持たせることもできます。

H邸・家族の笑顔にあふれる快適な住まい

水色でレトロ感UP

こちらも同じくドアの事例ですが、どこか懐かしさが漂う水色でさらにレトロ感が増しています。ガラスのワッフル状の模様が細かめだと、どことなく上品な仕上がりになりますね。

T邸・好きなものに囲まれて暮らせる家

玄関に設けた室内窓

最近は室内窓を取り入れて家をおしゃれに飾る事例が増えていますが、こちらもその1つです。隣部屋からの目隠しにはなりますが、光は通すので部屋が明るくなります。

コラージュハウス

ニッチの背面

雑貨などを飾るニッチの中にチェッカーガラスを使用している例です。こちらも自然光をそのまま通してくれるので、お気に入りの雑貨を明るく照らしてくれます。

出典:instagram.com

戸棚のガラス

チェッカーガラスをキッチンの戸棚にはめ込むこともできます。中にしまってある食器を程よく隠しつつ、どこに何が入っているのかわかりやすいのがいいですね。

出典:instagram.com

自分で貼るチェッカーガラス風シート

チェッカーガラス風のシートを使えば、手持ちの食器棚をチェッカーガラス仕様にすることも可能です。たったこれだけでもおしゃれなレトロ感が増すので、少し気分を変えたい時におすすめです。

出典:ameblo.jp

間仕切りとして使う

廊下とダイニングを間仕切りする壁やドアなど、広い面積にチェッカーガラスを用いている事例です。普通のガラスよりも温かみが感じられるので、優しいアンティーク感を出したい時にぴったりです。

理想のインテリアに囲まれて、好きな街で暮らす (廊下から見たリビングダイニング)

雪見障子のようにチェッカーガラスを

フランス製の装飾ガラスに雪見障子の組み合わせ。壁のように空間を遮るのではなく、曖昧に分かれているイメージになります。一見真逆のテイストに見える二つの素材が美しい空間を創り出しています。

宇佐の家

エントランスの雰囲気づくりに取り入れる

『木の温もりを感じられるヴィンテージ感のある空間』をコンセプトに、シンプルなプランとなったので、素材で工夫をしています。玄関ドアは既存のものを塗装し直し、袖のガラスFIXをチェッカーガラスに入れ替えることで味のある印象のエントランスとなりました。

raita 特徴的なRC空間を活かし シンプルかつおしゃれにデザインした戸建テラスリノベ

特別なアクセントに

全体のインテリアをお気に入りのカフェのようなイメージで、時の経過とともに味の出る天然素材を使いたいとの希望がありました。シンプルに仕上げて、家族で棚を造ったりペイントしたりと「家作り」にも参加しました。寝室のチェッカーガラスをはめ込んだ引き戸はリビングダイニングからの自然光も取り込めます。

栃木県宇都宮市の「中古戸建住宅購入+リフォーム」H-house

玄関にガラスのパッチワーク

レトロモダンな戸建てのリノベーション。
お洒落なだけではなく性能にもこだわった“住み心地”を重視したプランニングで、敷き詰められた瑠璃色のタイルと無垢の木でカッコ良い枠のなかにチェッカーガラスをはめ込み、印象的で雰囲気のあるエントランスの完成となりました。
建具やパーツでレトロなテイストを盛り込んでいます。

瑠璃色タイルが美しい、レトロモダンな家

庭に広がっているバスルーム

人を招いてパーティーをするのが好きなご夫妻。プランニングでも、カタチにとらわれない自由度の高い内容となりました。
1階で庭付きという人目が気にならない物件のため、バスルームをバルコニー側に設置し、バルコニーとの間には窓を取り付け、インナーテラスのような窓を開けると外に広がるバスルームです。

aki-廊下に「広場」、バルコニーに風呂

白と木とチェッカーガラスで洗練されたキッチンに

大好きなカフェのテイストをインテリアに取り込みたいという希望で、チェッカーガラスを用いてキッチンリノベーションをすることとなりました。キッチン扉はすべてグラデンオリジナルのもので、白の扉にチェッカーガラスがアクセントとなり思い通りの仕上がりとなりました。

デザインドア

和室にもチェッカーガラスの雰囲気を

名古屋市天白区にある築17年のマンションリノベーションです。
間取りは一度スケルトン状態に解体し、家族が暮らしやすい間取りへのプランとなりました。玄関とキッチンは木や漆喰の質感を生かした温かみのあるインテリアとなり、リビングダイニングと和室の間にチェッカーガラスの間仕切りを入れることでクラシカルな雰囲気のある開放的な和室となっています。

リノベーション / Bee

居心地の良いカフェカウンターのように

名古屋市昭和区にある1975年築のヴィンテージマンションです。
淡い水色の建具がとても印象的なLDKです。ドアの隣にあるデスクスペースには建具に合わせたチェッカーガラスのはめ込まれた飾り窓を付け、なんとも居心地の良いカフェカウンター席のような一角となりました。

リノベーション / olive


この記事を書いた人

Meruさん

賃貸でも出来るセルフリノベーションとマイペースに格闘中。
カフェ風や男前インテリアが好き。

最近お気に入りされた事例写真

  • 入り口
  • アプローチ
  • バルコニーと繋がりのあるリビング
  • WC
  • ダイニング

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

専門家探しに悩んだら…