2017/07/24更新5like12769viewhinata

リーディングヌックで過ごす自分時間。狭さが心地いい秘密基地の作り方

ヌックとは、小ぢんまりとした囲われた空間のことを言います。子供の頃に、押入れに隠れてわくわく、なんだか落ち着く、という体験をした事が一度くらいはあるのではないでしょうか?あの何とも言えない、包み込まれるような安心感を感じる事が出来る空間を、家の中や子供部屋に設けて、読書やお茶を楽しんでみてはいかがでしょうか?

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

階段下を有効活用

階段の下の小さな部屋が、やんちゃ盛りの男の子3人の大好きな場所です。
共働きの夫婦と両親が協力して子育てを充実させるための2世帯同居住宅です。
こんな楽しい仕掛けのようなスペースがたくさんある住まいです。
広く間仕切りのないLDKの真ん中に、堂々潔いたたずまいの階段をしつらえています。デッドスペースになりがちな階段下を有効活用してリーディングヌックを設けています。
リーディングヌックではありませんが、階段下をくりぬいて愛犬のパウダールームになっています。
階段下の和スペース。
大人の隠れ家のようなしつらえとなっています。

壁の中にニッチをつくる

壁のハシゴを登って潜り込める秘密基地は、子供のお気に入りの場所です。
家の形の開口がかわいらしい小部屋。椅子を一脚置けば遊び心溢れるヌックの完成です。
収納になってしまうような場所に、棚と小窓を付けて快適ワークスペースです。

窓辺は最高のリラックス空間

吹き抜けの大きな窓に、外の緑と自然光がまぶしく降り注ぎ、最高の読書スペースとなっています。
エントランスに続く出窓を利用したクローゼットルーム。日の光を浴びながら外を眺め、のんびりリラックスできます。ウィンドウソファや収納は全てオリジナルです。
本をたくさんお持ちの方は、書庫の中にリーディングヌックを設けてはいかがでしょうか。自分だけの図書館にいるような感覚を味わうことができます。
各世帯がプライバシーを尊重しつつ、落ち着いて暮らせる二世帯住宅です。1年を通して陽当たりがよく視界が開けているため、玄関横の腰掛スペースはリラックスできるみんなの場所です。

床レベルの変化で落ち着きの空間を

階段を上がったところにあるこちらのスペース。2階よりも床レベルが一段低く、いわば踊り場のような1階と2階の中間に存在する特別な場所です。広々としながらも床レベルの違いによってすっぽりと包まれた感覚になり、落ち着ける空間になっています。
心地の良い小上がりには、収納スペースもたっぷりです。
大階段が様々な用途に変化する住宅です。スキップしていることによって生まれる大階段は、時には『棚』『椅子』『机』になります。
フリーダムアーキテクツデザイン「CASE 270 | 『みなみ』の『おうち』」
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例写真をみる

その他の部屋/場所種別の住宅事例写真を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る