注文住宅

K-House <空中リビングのある家>

実施エリア:

茨城県古河市

内容:

敷地は郊外の住宅地で、隣接する住宅の間隔はゆったりとしていて、近くには田園が広がっているなど、比較的のどかな場所にある。
クライアントである4人の子供を持つ夫婦は、こののどかな地域でのびのびと子育てをし、家族みんなが楽しく仲良く暮らせるワンルーム的な空間を持つ家を希望した。
私たちは、一つの空間に関係性を和らかく遮るいくつかの要素を挿入し、分節されたそれぞれの空間が見え隠れしながら繋がっているワンルームの空間をつくった。
そうすることで、それぞれの空間で行われるアクティビティの独立性を保つことが出来るし、関係性が断ち切られることもない。  
それぞれの独立したアクティビティが影響し合うことで、豊かなコミュニケーションに広がっていくと考えた。 また、この家の各個室は、ベッドと収納が置ける最小のスペースとしている。 個室を小さくすることで、アクティビティは制限され部屋の外へと溢れ出す。

そこで、4人の子供達の共通のアクティビティの場として、空中リビングと名付けた第2のリビングを1階リビングの真上につくり、2階スペースの中心的な役割を持たせている。
空中リビングの床材には半透明の素材を使用することで、1Fリビングとは異なるアクティビティを生みながらも、その関係は密接になる。
空中リビングでは、4人の子供達が元気に走り回っている。
その姿はどこからでも感じることが出来るし、その笑い声で家は満たされている。