2019/04/26更新2like43660viewSUVACO編集部

こんな玄関憧れる!おしゃれでスタイルがある玄関画像20選

玄関は家の顔とも言える場所。お客様が初めに入るのも玄関です。玄関の印象は、住まいに大きな影響を与えます。でも、玄関なんてどこも大差ないのでは?あるいは、おしゃれにしたいけどどういうのがいいかイメージできないという方もいるでしょう。そこで、さまざまなデザインの玄関実例を集めました。これを見て、自分が好きな玄関を探してみましょう。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

リビングとつながるエントランス

海外在住経験から、玄関とリビングを一つの空間としてプランした住まい。
来客の時にはそのままリビングコーナーに招き入れて楽しく過ごしたり、外のテラスへも気軽に案内ができる開放的な空間です。

ブランコのある玄関

外観は、四角い箱の面をいくつかの直線で切り取ることで、光を室内へ取り込みながらもプライベートを確保したデザインの住まい。
広い玄関は、大きなトップライトがあり、雨の日の遊び場や来客とちょっと話し込む使い方もできる空間です。

広い土間とすることで多機能に

築25年、約53平米3DKマンションをワンルームにリノベーション。
ワンルームに家族5人が生活するため、それぞれの居場所が自然と生まれるようなフロアプラン。玄関土間も広くすることで多機能な使い方ができます。

大理石づくし

壁に大理石がふんだんに使われた贅沢な玄関。天井が高く、ハイサイドや地窓から光を取り込み、明るく広々した空間になっています。

レンガ・アイアン・コンクリート土間 ビンテージスタイル

広い空間ではないのですが、大きな玄関収納や、壁面にレンガが吹き抜け状に2階まで貼られていて迫力があります。色々な素材を採用して、センスを感じる特別な空間に。

落ち着きのある特別な空間

オーナーの所有する家具や現代美術に調和するようデザインされた玄関。コンクリート、木、ガラスなどを組み合わせて独創的で開放的な落ち着いた空間が広がっています。

迫力の吹き抜け

アプローチから室内の玄関土間に同じフロアタイルが続き、吹き抜けの壁タイルには外からの光が映り込んで場所ごとに色の変化をもたらしています。

大きな窓のあるエントランス

素材の使い分けだけではなく、フローリングや石も種類や色を変えて、広い空間ですがメリハリのあるインテリアデザインです。

高級感プラス可愛らしさ

白を基調としたヨーロッパテイストの玄関。クラシックな両開きのドアは、開ける度に清々しい気分にさせてくれそうです。壁紙や照明も欧州を意識した、海外の雰囲気が漂った空間になっています。

ガラスブロックの光

閑静な住宅街の一角に建つ小さな2世帯住宅。
ガラスブロックや吹き抜けで、光と風を取り入た住まい。玄関ホールの真上のトップライトからも光が降り注ぐ開放感のある空間になりました。

ほぼガラスの玄関

ウッドフレームのガラスドアがある玄関。道路から玄関に至るまでのアプローチがあるため、ガラスドアでも外から直接家の中が見えてしまうことはありません。明るく清々しい玄関です。

スライドドアの玄関

立派な古材がスライド式のドアに使われている玄関。屋外と屋内の境界線には段差がなく、バリアフリーに配慮しています。お子さんやペットにも優しいデザインですね。吹き抜けになっているので開放感も抜群です。

存在感のある玄関ドア

オリジナルの大きなスチールドアが存在感を放つ玄関。白・グレー・黒の色の組み合わせは、シンプルながらもドアの高級感を最大限に引き出します。

特別感のあるタイルで

軽井沢千ヶ滝に建つ北欧スタイルの別荘です。
どの部屋も窓から外の森が見えるように開口を大きくしています。エントランスにはモザイクタイルのような表情のある石英岩でヨーロッパのプチホテルのよう。

ウォールステッカーで楽しむ

リノベーションで絶対に叶えたい事の中のひとつが「自転車を置ける土間」。
ミラーやウォールステッカーを貼って、広がりと遊びのあるエントランスに。水廻りをまとめることで生活動線が格段に良くなり、LDKがいつでもスッキリとした空間です。

お気に入りの家具を置くだけで

白と黒のコントラストを使い分けたインテリア住まい。
エントランスに、白のアンティークショップに置いてあるような大ぶりの家具を、ダウンライトの下にひとつ置くことで、より印象的な空間になりました。

インパクト×カラー

ビンテージ家具が広いリビングに気持ちよさそうに配置されている住まい。
玄関収納は、落ち着きのあるアンティークグリーンの扉がとても映えます。

ミニマムなたたずまい

1階で庭付きの、マンションというより戸建の感覚の住まい。
構造上の間取り変更が難しかったため、部屋ごとに雰囲気をがらりと変えたインテリアです。玄関は、広くないものの、シュークローゼットですっきりとした空間です。

アプローチで魅せる

プライバシーを守りながら季節や時間の移り変わりを感じたり、家族が楽しくおおらかに生活できる住まい。
空庭まで空へと枝を伸ばすヤマモミジは家のシンボルツリー。タイルと植栽のコンビネーションが楽しいアプローチです。

広い土間に光が降り注ぐ

築46年と築80年の2つの木造が接続されて建つ、中古住宅のリノベーションプロジェクト。
ここまでの広さ、空間に遊びがある玄関であれば、どのように使うか考えるのも楽しそうですね。
ひとことで玄関と言っても、実に多種多様なデザインがあることがお分かりになりましたでしょうか。家づくり・リノベーションを検討する際には、玄関を後回しにすることなく、どんな空間にしたいか考えを巡らせてみてください。
お気に入り

SUVACOでできること

家づくりの学び舎

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

玄関の事例をもっと見る
家づくりの専門を探す
専門家選びのご相談はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧