2015年07月04日更新

おしゃれな部屋事例(玄関)

毎日の使い勝手もよく見た目も美しいエントランス7選~みんなの玄関実例~

朝出かける時見送ってくれ、夜帰宅すると出迎えてくれる「玄関」。
ここから始まると言ってもいいほど毎日使う場所だからこそ、使い勝手もよく美しいエントランスが理想的です。
今回は「使い勝手」と「美しさ」にクローズアップしてご紹介します。
みなさんの玄関づくりの参考になれば幸いです。


多機能な土間があるクウハウス

ドアをくぐると土間が広がり奥まで続いています。
同じ土間が続く事で奥行きのある空間に。
入口にはらせん階段があり、よりOPENな印象を受けます。

クウハウス (多機能の土間(撮影:西川公朗))

正面の黒く塗られた部分は黒板塗料を使用しているので、チョークで書く事ができます。
お子さんの遊び場が玄関にもでき、雨の日でも家の中十分に遊べますね。
昔、家の前の道路に落書きしたのを思い出しました。
そんな懐かしさと「いい思い出」ができそうなエントランスです。

クウハウス

玄関ホールに設けられた客間

なんと玄関ホールに客間を作ったお宅です。
自然光が入るすがすがしいお宅で、ネイルアートのアトリエも完備されています。
お客様をお出迎えする機会が多いお宅ならではのセンスですね。

ひかりの架け橋(港南台の家) (玄関ホールに設けられた客間)

リビングから見たエントランスの客間。
床材と畳とが別れているだけで1つ部屋があるように見えます。

ひかりの架け橋(港南台の家)

誰が何をしているかすぐ分かる玄関

玄関を入ると土間が広がりワークスペースとLDKが見えます。
帰ってきたら誰が何をしているかわかる玄関・・・なんだかホッとしますね。

アトリエを取り入れた、シーンが繋がるイエ (玄関)

土間には自転車と家族みんなの靴が綺麗に整頓されています。
学校のように綺麗に仕切られたシューズボックスは同じサイズの仕切りで整理いらず。

アトリエを取り入れた、シーンが繋がるイエ

木のぬくもりと大きなガラス窓が開放的

どこまでも続くような気がする開放感。
見える部分と隠す部分とがちょうどいい割合で作られた玄関は、一段格式が上がったような高級感。

三原の家 (玄関)

玄関ポーチから見ると、丸見えではない事がよくわかります。
おしゃれな空間は職人技が光る計算された「見せる」と「見えない」が絶妙な空間です。

三原の家

ガラス張りのエントランスは開放感いっぱい

パリのアパートのようなおしゃれな空間。
ガラス張りのエントランスと黒く塗られたドアがエレガント。
男前なエントランスはカッコよさが溢れています。

マンションリノベーション|名古屋市東区K邸 (ガラス張りのエントランス)

エントランスから見えるリビング。
ガラス張りは開放的に見せてくれるのと広々と見せてくれる効果があります。
玄関にガラスを多く使ったデザインを取り入れてみたいですね。

マンションリノベーション|名古屋市東区K邸

様々な「使い勝手のよさ」と「美しさ」が溢れる玄関ばかりでした。
玄関から、すぐに上着が脱げる事や綺麗に靴を入れられる所があるだけでも十分役割を果たす玄関ですが、ご紹介した通り、子供と過ごす空間にしてみたり、お客様をおもてなしする空間にしてみる事で、自分だけでなくお迎えするお客様に与える印象も違ってきます。
玄関は出入りするだけでなく、多機能に溢れた空間です。
玄関づくりを楽しんでみてはいかがでしょうか。


この記事を書いた人

エビナ ミカコさん

鎌倉にて築50年の古民家を賃貸契約。
DIYがOK物件で、現状回復可能レベルでDIYを楽しんで住んでいます。

最近お気に入りされた事例写真

  • 駐車場からテラスをみる
  • ストリップ階段
  • ラグジュアリーな寝室
  • 玄関引き戸
  • 収納扉を開けた様子

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問