2015年04月15日更新

おしゃれな部屋事例(ベッドルーム)

眠るだけの部屋と思わないで寝室にもこだわってみませんか?

寝室は一日の始まりと終わりを過ごす場所で、長い時間とどまっている部屋でもあります。ベッドや布団などの寝具の寝心地にこだわる方は多いと思いますが、この機会に寝室の部屋にももっとこだわりをもってみませんか?
プライベートな空間なので、実用的な部屋や個性的な部屋などいろいろな部屋づくりを考えてみましょう。


ベッドで寝ることが苦手であれば、寝室の一角を小上がりにして畳スペースを設置し、布団を敷くことができます。ここでは、寝室という一つの空間の中で、床が畳とフローリングに分かれていることがポイントですね。勿論、フローリングにベッドを置いて、畳の上を寛ぎの場所として使うこともできます。つまり、フレキシブルな使い方ができるということです。

Y-House

これほどの絶景が望める立地に家を建てられるのならば、寝室の壁一面にガラス窓を設けて、大自然を感じながら気持ち良く一日の始まりを迎えたいものです。

千ヶ滝山荘

こちらはかなり個性的な寝室です。プライベート空間にある自分だけの楽しみですね。壁にクライミングウォールがあり、登ると展望台があります。クライミングウォールは木製で、飾り棚としても利用することができます。

ふたつの家族と中庭の家

この寝室の特徴は閉鎖的な部屋ではなく、自然に溶け込むかのような窓のつくりになっていることです。光を取り入れるための上部の窓はすりガラスになっていて、カーテンはレースのみです。下の部分はクリアなガラスでベッドに横になったままでも自然を感じることができるようになっています。

風景を通す家

こちらは実用的な寝室の紹介です。この部屋は、収納の高さにこだわりがうかがえます。床から天井まである扉式の収納だと、扉の開け閉めを考慮しながらベッドの配置を考えなければなりません。この高さに収納があればベッドを壁につけて置くことができるので、家具の配置のレパートリーが増えることになります。

本所の家

この寝室のこだわりは、間接照明と高い位置の室内窓です。壁にもアクセントカラーを取り入れていますね。間接照明は寝室にはピッタリの照明器具です。寝室として必要な分の灯りは間接照明だけでも十分です。寛ぎの場所となるでしょう。

お気に入りCafeに住む

こちらの寝室は壁一面の引戸をあけると、隣にある洗面所の洗面台を反対側から使うことが可能な造りになっています。寝室に洗面台があるととても便利ですが、湿気が気になりますよね。その点、この造りだと扉を付けることで湿気の問題は解消されます。

Homat Orient


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • 赤坂の家 バルコニー
  • 赤坂の家 書斎
  • リビング・ダイニング&洋室
  • 玄関
  • 3階 洗面

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問