2015年07月08日更新

リノベーションHOW TO(リノベーション住宅ノウハウ) , おしゃれな部屋事例(キッチン)

工事が済んでからでは遅い!リノベーションでキッチンに気を配るポイントとは

せっかくリノベーションするのだから、キッチンだけは後悔したくないと思う方は多いのではないでしょうか。ここではリノベーションする中で、キッチンに気を配るポイントを挙げてみたいと思います。

はじめの打ち合わせはイメージをヒアリングするところからスタートするのですが、配管の位置がずらせないマンションだと、キッチンの計画にも様々な制約がかかってくるものです。また意匠的に気になることもあるのですが、私はまずレイアウトではないかと思っています。二つ目は収納量について。とくにカップボードなどの収納家具を入れるとなると、工事予算も変わってくるからです。まずはレイアウトからですが、ここではアイランドチッチンを中心に進めてみます。


アイランドの変形レイアウト

かなり予算を掛けたキッチンです。カップボードも合わせるとちょっとしたメーカーのショールームです。ただ、本格的なアイランドキッチンと言うと、大きさ(広さ)はさておき、こうした機器は必要になります。つまり、アイランドと言う場合、みんなで調理できる作業台(これは独立した島のように配置する)、そして通常のI 型キッチンの二つが最低必要になります。

普通のアイランドの場合はコンロのない作業台が前面に現れ、通常のI 型キッチンが後部(大体は壁面に収まるよう設置される)にきます。この現場の場合は少し違って、変形レイアウトというか、ダブルでI型キッチンが並んでいる。だから勘違いするのかもしれませんね。

その他事例「CUCINA キッチン 実例」

いま主流のアイランドのレイアウト

とても上手なキッチン・レイアウトです。ただ、これもアイランドの一種なのですが、コンロ側が壁付けとなっており、厳密な意味でのアイランドではありません。おまけに作業台もありません。ただ、本格的なアイランドって本当に使うのでしょうか? 実際には使える広さを優先した、このレイアウトがアイランドでは多くなっているのです。

キッチンには写真のような背面収納(カップボードのことではありません)があるため、通常のI 型よりキッチンの奥行き幅が少し広くなります。この広くなった部分は、場所的に廃止に追いやった作業台の替わりだと考えれば良いでしょう。少し乱暴な言い方をするなら、いまのアイランドと言うのはキッチンの天板が少し広い、または背面側に収納があるキッチンということです。あとは配置が独立しているか、一方が壁付けかの違いです。作業台があったのがむかしのアイランドです。ここをごっちゃにすると話しが通じないなんてこともおきるので注意してください。

戸建リノベーション・リフォーム事例「シンプルのなかの自然素材」

アイランドの正しいレイアウト

このマンションは、建築家のショールーム兼自宅として使っています。こちらのキッチンは正統派アイランドキッチンです。みんなで調理する作業台が前方にあり、奥にコンロの付いたキッチンが控えています。またここではダイニングテーブルがキッチンにつながるレイアウトをとっていますが、これも最近よく見かけるものですね。

マンションリノベーション・リフォーム事例「私たちの家」

ゴミ箱はキッチンやカップボードの内部に収める

ゴミ箱は、置けるものならばキッチンやカップボード内に収めてしまいましょう。通路に出すとやはり邪魔になります。むかしは良くても今は違います。はじめに「ここ」と決めないと、なかなかおさまりきらないものです。現在出している方も、工夫次第でレイアウト内に収めれるはずです。これは意外に大事なチェックポイントですよ。

戸建リノベーション・リフォーム事例「ぶらさがりがいっぱいの家」

引き出し式のストッカーをもっと有効に活用する

引き出し式のストッカーは食器や鍋の収納がやりやすいことで知られています。各自不要なものは片付けて、利用頻度の高いものから優先的にストッカー収納してください。扉が観音開きの方は、市販の収納ラックが取り付けられると便利です。

マンションリノベーション・リフォーム事例「私たちの家」

カップボードに収納する

ストッカーに収められないものはカップボードに収めます。
収納の基本は、「あまり使う機会のないものまで、近くにしまっておかない」ということです。そうすると収納物は少なくなり、調味料などの違うものにスペースを譲れるのです。

二世帯住宅事例「オウチ15・静岡の二世帯住宅」

棚やラックに見せて収納する

既成のカップボードではなく、棚やラックなどを利用して物を収める方もいます。その場合でもいつも使う物を近くにしまう考え方が使えます。収納するものが少ないと、作業も効率的になり物も片付きます。写真は既成のラックを重ねて上手に収納していますね。

マンションリノベーション・リフォーム事例「吹田山田のテラスハウス リノベーション」


この記事を書いた人

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた写真

  • 外観
  • 外観A
  • 2階ダイニング空間
  • 2階手洗い場
  • 洗面
自分らしい家、誰とつくる?