2015年06月15日更新

おしゃれな部屋事例(ベッドルーム)

気持ち良すぎて思わず寝転がりたくなる「本当は誰かに見てもらいたい」ベッドルームとは

寝室は家の中でも人に見せる機会が少ない場所。最近は、洋室に馴染んだ人がベッドルームなどと呼ぶこともあります。よほどの間柄でもなければ、気軽には覗けないもの。ただ、使い方がきれいで、いつ覗かれたとしても「これなら見られても大丈夫じゃないか」と思えるベッドルームもあります。ここにお見せするのは、もちろん「大丈夫な寝室」です。オーナー自身も、本当は見てもらいたいと思っているのかもしれません。


朝の光に配慮した寝室

はじめにリゾートハウスの寝室を幾つか紹介します。まずは深雪の長野の別荘から。

ゆったりとした間取りの別荘。このベッドルームからもそのことが伺えます。どの部屋からも景色を楽しめるように大きな窓が配置されていますが、さすがにここは寝室ですから、壁の配置も重要です。例えばここは、朝の光に眠りを邪魔されないよう、枕側の壁を上まで閉じています。

A別荘

外部テラスとつながるベッドルーム

平家建ての山荘ですが、ラグジュアリーな雰囲気も併せ持っています。それほど広くはない寝室ですが、前の開口部からテラスと一体なれる開放感を存分に味わえます(もちろんロール・スクリーンを下ろすと、簡単に閉じたベッドルームに早変わりできます)。

Y山荘

八ヶ岳山荘の和風の寝室

八ヶ岳に建つ山荘。この寝室は外観からもわかりますが、所々にモダンな印象があるものの、和風に仕上がっています。ただ、入り口部分の建具をみると立派な木が使われており、土地柄、断熱性能もしっかり考慮されていることがわかります最近では和風でもベッドが使える寝室が主流になっています。

八ヶ岳の山荘

パウダールームとつながるベッドルーム/都心のセカンドハウス

マンションリノベーション事例なのですが、物件は最上階に位置するセカンドハウスを目的とした計画です。だからというわけではないでしょうが、日常の疲れを癒すためのホテル仕様とも言えるつくりをしています。パウダールームとバスルームがガラス張りでつながっているのも、日常を忘れられるラグジュアリーな空間になっています。

Vent Vert Nampeidai Penthouse

小さなお子様がいる場合の寝室

お子様がまだ小さいうちは、子どもと一緒に寝られるベッドルームが求められます。こちらは子ども用のベッドを置けるように配慮したようです。子どもも十分楽しめる空間になるよう、インテリアにも気を使いました。

N邸・大人も子どもも元気にワクワク遊ぶ家

庭に面した大きな掃き出し窓のある寝室

関東近郊の住宅地に建つ物件です。
リビングを二階に配置し、メインベッドルームを一階にもってきました。窓は掃き出しになっていますが、生垣があることで通りからの視線を気にせずに寛ぐことができます。

スキマのある家

吹き抜けに面している寝室

リビング上部吹き抜けに面して主寝室を配置した例です。音の響きが気になる方もいるかもしれませんが、この寝室は吹き抜け側に建具がついて、いつでも閉じれるようになっています。

海の見える丘の家

バリのリゾートホテルを思わせるベッドルーム

天井を低く抑えていますが、梁やダクトをフラットに収める必要があったからです。またベッドヘッドも設け、ベッドルームとしての高級感を演出しています。こうしてリノベーションした寝室は、まるでバリのリゾートホテルのような雰囲気です。

リゾートホテルのような贅沢空間

靴のコレクションがあるベッドルーム

このベッドルームはLDKとつながっており、このレトロなイエローガラスのパーテーションによって区分けされています。また奥さんはかなりたくさんの靴をお持ちのようで、大胆にも靴のコレクションを寝室にコーナリングしています。これだけきれいに陳列すれば、パートナーから苦情は出ないはず!

なじみの街で見つけたヴィンテージなメゾネットに住む

レトロなガラスが懐かしい寝室/農振地域に建てた住宅

農業振興地域に新たに土地を買い求め新築した住宅です。戸建住宅の建築申請には一苦労されたと思います。
懐かしい雰囲気が漂うガラスを組み合わせた窓は、室内に届く光を和らげています。清潔感あふれる落ち着いたムードの寝室です。

風景を通す家


この記事を書いた人

最近お気に入りされた事例写真

  • キッチン
  • CAVE KITCHEN
  • LD
  • リビングダイニング
  • リビング

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問