2016年05月21日更新

インテリア(その他)

TVの置き方を考える。~ TVをすっきり配置術 ~

大型TVが普及した今、それに合わせてTV台も大きくなり、意外と配置に悩みます。
せっかくリビングの開口部を大きくしたのに、TV台の置き場所に困り、理想の配置にできないなんてことも・・・。
そこで、今回はTVをすっきり配置されているお宅をピックアップしてみました。
それぞれのおうちに合ったTVの置き方、見直してみませんか?


壁を背に置く

TVはやはり壁側に置くとすっきりします。またこのように窓が少し離れた側面にあると窓の景色が映り込んだりせず、快適にTVを見ることができます。ちなみにTVとソファの距離はテレビの高さ×3が良いそうですよ。

あたたかヴィンテージ

さらに長いカウンターがあれば、TVの周辺機器が増えても置き場所に困らず便利ですよね。椅子やソファの模様替えとともに、TVの配置も簡単に変えられそうです。

水回りとWICを1か所にまとめて LDKをゆったりと

壁面収納兼TVボード

コンパクトな部屋には、やはり収納スペースを兼ねたTVボード付の壁面収納がおすすめです。TVの位置は変えられないので、外光やソファとの位置関係、TVの大きさを正確にしておく必要はありますが、とてもすっきり収納できます。

Japanese Modren Style

壁掛けTVに

こちらの家はスキップフロアになっており、机や開口部を避けるとTV台を設置するスペースが狭くなってしまいます。この場合、壁掛にする方法が一番すっきりしますね。キッチンに立って作業しながらでもTVが見える位置というのもいいですね。

スキップフロアの家

窓が大きく壁の面積が少ない場合でも壁掛けなら、すっきりと配置することができます。窓を背にTVを置くと日中は逆光になりTVが見え辛いですが、昼間はほぼTVを見ないという場合なら問題ありません。開放的な雰囲気を保つ場合、棚や台などは少ない方がすっきりしますね。

リノベーション / skra

間仕切り代わりにTVボードを

ワンルームの場合、比較的キッチンや窓、クローゼットなどが側面に配置されており、壁を背にしておくスペースが少ないですよね。そんな時は部屋の間仕切りになるようなTVボードを設置するといいかもしれません。こちらのTVボードは、リビングと寝室を緩やかに仕切っています。実は裏面はベッドのヘッドボードとなっています。兼用できる間仕切りは、コンパクトなワンルームには便利なアイテムです。

M邸

TVを隠すボード

白い建具や天井と淡い黄色の壁が優しい雰囲気の部屋にある大きな収納棚。

K邸 (TVボード クローズ時)

こちらの扉を開くとTVが現れます。
黒色のTVはどうしても部屋の雰囲気を壊しがちですよね。このように扉付きのTVボードなら、配線や周辺機器も見えずにすっきりとした印象になります。

K邸

天井に吊るす

床に置くスペースが取れない場合、このように天井から吊るしてみてはいかがでしょうか。こちらは寝室の天井にTVが吊るされており、ベッドに横になりながらTVを鑑賞することができます。

和の趣にこだわり抜いた実家リノベ

TVを壁に埋め込む

一番すっきり見えるのは、壁にTVが埋め込まれたものですよね。配線などは壁の後ろに隠す設計にしておけば、すっきりと洗練された雰囲気になります。

018軽井沢Cさんの家


この記事を書いた人

hatamama8さん

『帰ってきたくなる家』を目指して。

最近お気に入りされた事例写真

  • Kippis1
  • トトロ シューズクローク2
  • リビング
  • ぬくもりのある畳リビング
  • 外観 夜景

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問