戸建リフォーム・リノベーション

栃木県宇都宮市の鉄骨造3階戸建てリフォーム SS-house

実施エリア:

栃木県宇都宮市

延床面積:

19.6坪(65㎡)平米

築年数:

20年

内容:

栃木県宇都宮市の鉄骨造3階戸建ての2階部分のフルリフォーム(スケルトンリフォーム)。鉄骨造の為、部屋の中央に柱が無く、空間を広く使えるのが魅力ですが、街中にある為、あまり広い家ではありません。間口5m、奥行き13mの住宅です。柱型が出てきますから、実際の有効寸法はもっと狭くなります。

限られた 空間を繋げて広く使う為、90度に交わる引き戸を開けると、建具が消えて1つの空間となるようにしました。造作建具により空間を操作することで、限られたスペースを有効に使うことを意図しています。旦那様の定年を迎える前に行った、団塊の世代リフォームです。

窓台の無垢カウンターは、状態が良いので、削りなおして使っています。古い物の価値を生かして、新築にない味を出せるのがリフォームの魅力です。断熱材も入れなおし、サッシュの内側の障子は、組子の間にワーロンプレートを1枚ずつ落とし込んだアクリルワーロン障子戸を設け、温熱環境も改善しています。

キッチンは、I型からL型に形状変更はありましたが、位置変更は無し。以前のキッチンが出窓に面していて、出窓部分に物が置けることが使いやすいという奥様の話で、以前のキッチンと同じように出窓を使えるようにしました。街中の家なので、キッチンレイアウトを変えるほど、室内空間に余裕がなかったという理由もあります。また、排水管の勾配の確保からも、移動することは難しかったと思います。

私の父が20年前に建てた家のリフォーム。計画中も施工中も感慨深いものがありました。

トイレ

トイレはパイン材の腰壁+珪藻土。でシンプル。腰板を付けると、おしっこの壁への飛びが目立たない。

キッチン

キッチンのリフォーム。特に狭いスペースの場合は、オーダーキッチンにすると問題が解決できることがある。以前のキッチンの奥行きが60㎝で出窓部のカウンターを使っていたことから、オーダーキッチンの奥行きも60㎝としている。キッチンカウンターは厚手のステンレス。施主と打ち合わせて、狭いながらも最大の収納を設けている。

ダイニング

キッチンからリビングを見る。サッシュの内側にアクリルワーロン障子を入れて落ち着いた「和」の雰囲気。障子戸により開口部の断熱性も上げている。 壁にも断熱材を入れて断熱性能を上げている。壁と天井は珪藻土の白壁として、飽きのこないインテリアを目指している。

ダイニング

90度に交わる引き戸を見る。直行する引き戸を開けると階段室。夏は引き戸を空けると階段室と繋がり広く使える。冬は引き戸を閉めて使う。

リビング

リビングからキッチン方向を見る。右側の直行する引き戸を開けると階段。夏は引き戸を開けて広く使える。

リビング

リビングからダイニングを見る。壁と天井は全て珪藻土。組子の間にワーロンプレートを1枚ずつ落とし込んだアクリルワーロン障子戸。