マンションリノベーション・リフォーム

リノベーション「flat.604」

面積:

50㎡

費用:

300万円

築年数:

40年

エリア:

大阪府

実施時期:

2008

内容:

mills家です。
築40年の公社アパート3DKをリノベーションしました。
色々と実験しながら住んでいます。
全長5mのキッチンをIKEAパーツをフル活用して作りました。

もともと小さい玄関と独立キッチンがあった壁を撤去し、
居室とは腰高さの家具で仕切ってゆったりとした玄関に。
配管の関係で壁をせり出させたので、その寸法を利用して本棚に。
床は汚れても大丈夫な塩ビシート、壁はセルフペイントで。

玄関スペースと住居内部とは腰高の家具で区切り。
昔の建物なので梁が大きく下がっています。
これを利用して空間を大まかに区切っています。

玄関わきにあったトイレの壁は下地を残してラワンベニヤを貼り、オイルステイン仕上げに。
玄関内側に木製建具の枠を作ってもらい、メッシュとファブリックを張って目隠し+風通し。

この住宅はすべての場所がつながっていますがキッチン的なもの。
IKEAのキッチンパーツを使って全長5Mの天板を作り、そこにシンク、洗面、洗濯スペースなどの機能を埋め込んでいます。
背面はセルフペイント、フローリング材を利用して照明器具を製作し、そこにフライパンや小物などを引っ掛け収納。

ダイニング的な部分。
古い公社マンションなので室内に巨大な梁が田の字型に走っています。
これを利用して、視線からは隠れるように収納は梁と同じ高さ・位置にそろえています。
梁によって緩やかに空間が仕切られ、これはダイニングの部分です。

建物前面が広いグランドに面していて特に視線を気にすることがないため、IKEAのプリントレースでカーテンを自作しました。森の中(実際は朝けっこうまぶしい)。

リビング的な部分。
ソファベッドとしています。

将来子ども部屋になる事を想定したワークスペース。
管理規約により撤去できないブロック壁の一部をくり抜いて風通し窓に。
梁の高さを利用して収納とゾーニング。
(壁にはウォールステッカー。貼るなら大胆に!)

ブロック壁に四角く穴を開けて風通し。
下地そのままの荒い表情が格好良かったので、上に漆喰を厚塗り。ちょっとインドっぽい?

この住宅事例を手掛けた建築家

鍵谷啓太 / 井上佐和子

建築家 / @大阪府

大阪の設計事務所です。新築戸建の他に、リノベーションにも力を入れています。

鍵谷啓太 / 井上佐和子

建築家 / @大阪府

鍵谷啓太 / 井上佐和子さんの住宅事例