2016年09月03日更新

リノベーション会社・建築家紹介(建築家・設計事務所紹介)

【訪問レポート】どこにいても中庭が眺められる、こだわりの注文住宅「奥沢の家」現場見学会

SUVACOアドバイザーの加藤サナによる訪問レポート!
アトリエスピノザが設計、株式会社水雅が施工をした注文住宅、「奥沢の家」を見学してきました。


プライバシーを確保しながら、明るく開放的な注文住宅

人気エリア「自由が丘」からもほど近い、世田谷区奥沢の閑静な住宅地にその家はありました。通りからはプライバシーが確保されたとてもモダンな注文住宅。でも、中はとても開放的な空間になっているんです。

こちらが中庭から家を見たところ。広々としたウッドデッキの中庭と、大きな窓がたくさん。
日当たりもとてもよく、外観からは想像がつかない開放感にあふれています。

インテリアも見どころがたっぷり

外観にワクワクしながら、家の中にお邪魔することに。チーク材の重厚な玄関ドアを開けると、間接照明が素敵な玄関。その奥にはとても明るい空間が広がっています。

広々としたリビングダイニングは、ウッドデッキの中庭とつながっています。フローリングにもデッキにもチーク材を利用しているので、連続性があってより広々と感じられる工夫がされています。

家の中心に階段があるので、どこにいても家族の気配が感じられます。鉄骨で軽やかなデザインに設計されています。建築家さんのデザインした住宅ならではの素敵な風景です!

階段と吹き抜けは、大きな窓で中庭とつながっていて明るく開放感のあるつくりです。窓は木製のものを利用していて断熱性もしっかりと確保しながら、温かみのある空間になっています。

階段越しにリビングを見たところ。間接照明が床や天井に配置されていて、夜にはとてもムードのある雰囲気になります。奥のリビングの壁面には造り付けの収納がたくさんあるのでスッキリ暮らすことができそうです。

キッチンはこだわりのオーダーキッチン。ごみ箱や食洗器の位置まで考えられていてとても使いやすそう。高い部分にある窓で通風や採光をとりながら、表の通りを歩いている人とは目線が合わないように設計されています。

階段を上がると、吹き抜けに面して腰かけられるスタディコーナーがありました。足元にはしっかりと収納スペースがあるので本もたくさん収納できそうです。天井部分にある木の梁で支えられた木の箱のような空間は、ロフト。奥にある階段から行くことができます。

ロフトは上部の窓から光が差し込むつくりになっています。とても広いので収納もたっぷりできそうですが、隠れ家にしてしまいたいくらい素敵な空間でした。

設計・施工はSUVACO登録の専門家2社が担当!

こちらの「奥沢の家」、設計はアトリエスピノザの井東さんです。「お客様の満足度を第一に、詩的で感動的な住宅を創っていく」をコンセプトに設計をされています。条件の厳しい狭小住宅やリノベーション工事、個人住宅だけでなく、共同住宅の設計など広く活動されている建築家です。

建築家 井東 力

井東 力

建築家 / @東京都

東京世田谷区を拠点に、お客様の満足度を第一に、詩的で感動的な住宅を創っていきたいと思っております。

施工は、株式会社水雅。今回はアトリエスピノザからの依頼で施工を請け負うことになったそうです。こちらは社員がみんな大工さんという施工力に自信のある会社です。今回の現場では、細部まで設計のこだわりを生かし美しく仕上げる、縁の下の力持ちの役割を発揮しています。

工務店 水雅

水雅

工務店 / @東京都

「良いモノ」をつくるという情熱を持ち続けること。 「良いモノ」と真剣に向き合うこと。 長く思い続けられる「良いモノ」をつくること。

SUVACOへ登録をしている専門家さんには、それぞれ得意分野があります。今回は設計デザインと施工技術の素晴らしいコラボレーションでした!このように専門家さん同士がタッグを組むことで、ますます素敵なお住まいが増えていくと良いなぁと思います。

アトリエスピノザのProjectページはこちら ▶▶▶ 『奥沢の家』


この記事を書いた人

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた写真

  • バス
  • 全面開口のリビング2(撮影:中村絵)
  • 多目的室
  • 施工前のBefore写真
  • みんなの居場所
自分らしい家、誰とつくる?