2016年08月16日更新

おしゃれな部屋事例(その他)

ありそうでなかった!ちょっと個性的な窓のある家

家の外観はその家の顔。窓やドアもその家の印象を大きく左右します。
そんな家の顔を印象づける「理想の窓」がある家をご紹介します。


童話の中から出てきたような格子窓

子供の頃に読んでいた海外の絵本によく描かれていた、可愛らしい子供部屋と大きな格子の窓。
まるで童話の中から出てきたかのような窓のある事例です。
上下左右にバランスよく設計された窓が家の表情を作っていますね。

百草HUT(週末住宅)

大自然と一体化したガラス窓

海にも山にも面した大自然が臨める別荘ならではの開放的な別荘です。2階まで全面ガラス張りの室内から漏れる柔らかな光によって、家全体がぼんやりと浮かび上がったような幻想的な世界観を作り出しています。

Villa SSK (外観)

室内からみる海の借景です。遮るものがほとんどない贅沢な景観が広がります。

Villa SSK

リゾートホテルを意識した「海」がテーマの家。家の裏手からは海が臨めます。

SEE SEA HOUSE (海が見える家) (外観)

リビングには海が見渡せる大きな窓、そして吹き抜け部分にもリビング窓と同サイズのハイサイドが設置され、一日中自然光が差し込みます。日中は海を望み、夜は星空を眺めることが出来る開放的な窓…お休みの日は一日中家で過ごしたくなりそうですね。

SEE SEA HOUSE (海が見える家)

近未来的な四角い窓

住宅が密集している都心部にある家。建ぺい率いっぱいに建てられているため、玄関と2階バルコニーは外壁をくり抜くように設けられています。

ふじみ野の家 (外観夕景)

室内から見た窓。密集住宅街のため採光は天窓から、バルコニーには観葉植物を置き外部からの視線を遮っています。
都市型で広い土地が臨めない家屋の場合は、従来のようにバルコニーを外に出すデザインではなく、敢えて内側にバルコニーや窓をくり抜き、土地と建物を有効活用しながらプライバシーを守り、採光を叶えるデザインが増えていくのではないでしょうか。

ふじみ野の家

貝の形と丸い窓の家

海辺に立つ貝の形をした家には、数を数えたくなるほど多くの窓を設けています。
一つだけある丸い窓が家のシンボル的な窓になっていますね。

大切な人と忘れがたい時間を過ごす宝箱 (貝の形の有機的な外観)

採光もさることながら、家の印象を大きく左右する窓。ありそうでない理想の窓を集めてみました。
ぜひ家づくりの参考にしてください。

この記事を書いた人

klugさん

フリーライター。築30年の分譲マンションを昨年リフォームしたばかり。DIYを楽しみながら、夫と娘たち(一人とワンコ一匹)とのユニークな日々を過ごしています。

最近お気に入りされた事例写真

  • 外観3
  • シンプルな三角屋根の外観
  • 玄関・収納
  • テラスのある白い外観
  • 西山の住まい

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問