2017/11/02更新1like3857viewklug

ダイニングチェア選びは、おしゃれな空間づくりの決め手になる!

家族が集うダイニングでは、テーブルや椅子の選び方で印象がガラリと変わります。一つしか置かないテーブルと比べ、自由度が高いのがダイニングチェア。テーブルとセットで組み合わせる、一つ一つ好みの椅子を合わせるなど、椅子選びはおしゃれな空間を仕上げるのに大事なポイントになりそうです。

それでは、いくつかの事例を見ながら、ダイニングチェアの選び方をみてみましょう。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

テーブルとセットのダイニングチェア

テーブルと椅子の材質を合わせたダイニング。よく見ると背もたれのデザインが異なりますが、素材が揃っているため調和がとれています。
ヴィンテージな雰囲気漂うソファやリビングボードに合わせて、味わいある木目のダイニングセットを選んでいます。ダイニングチェアの座面は、ソファと同じく茶色の革をセレクト。他の家具と色や素材を一部だけ合わせて選んでみても、全体にバランスのとれた雰囲気に仕上がりますね。

一つ一つ好みの椅子を選ぶ

異なるデザインの椅子を組み合わせた事例。木の素材や質感、デザインもさまざまですが、ナチュラルテイストに合う落ち着いたトーンのものを選ぶことで、統一感が生まれています。
こちらもベンチタイプや一人がけなど、デザインや色、素材もさまざまですが、椅子の脚の材質を揃えることでバランスをとっています。あえてデザインが違うものを組み合わせてみると、変化のあるおしゃれ上級者の空間をつくることができます。

デザイナーズチェアを選ぶ

古くから愛されているデザイナーズチェアを選ぶのもおすすめ。イームズチェアやストッケなど、多くの人に愛されている椅子には理由があり、その使い勝手の良さには定評があります。
カウンターテーブルに並べられたイームズチェアは、フローリングやキッチンカウンターとも質感や色合いは異なりますが、不思議と違和感がありません。
ヘリンボーン張りのフローリング、ブリックタイルのカウンターなど、個性的なインテリアを多用しているカウンターダイニングは、黒のイームズチェアがマッチ。イームズチェアは流行りのブルックリンスタイルとも相性抜群です。
ダイニングテーブルはダイニングチェアの選び方によって印象が変わります。一つ一つお気に入りを揃えるのもよし、セットで揃えるのもよし。質感やデザインにこだわりながら、ダイニングにマッチした椅子選びをしてくださいね。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る