2015年06月04日更新

おしゃれな部屋事例(ベッドルーム) , インテリア(ファブリック) , リフォーム・リノベーション(HOW TO)

猛暑の夜を装いで涼しく快適に!涼しげなベッドルーム

既に夏日を観測した5月。間もなく梅雨、そして熱帯夜の夏がやってきます。
猛暑の夏を乗り切るには日々の疲れを癒し、快適な睡眠を得られる、そんなベッドルームが必要です。
快眠は最大のエネルギーの源。睡眠時にエアコンや冷感グッズに頼らず、ベッドルームの装いで熱帯夜を乗り切りましょう。


内装で涼しさを演出する。

ホワイトとサンドベージュのグラデーションで統一された内装。ポイントのフロアのダークカラーは、柔らかな印象を引き締めています。モノトーンで統一する事で視覚から入る脳への刺激を減らし、発汗を減少させます。

A邸

暖かみもあり、それでいて清涼感を感じる配色。
壁、天井は柔らかな白。フローリング、窓枠等が同色の木目で統一され、爽やかな高原の空気を感じさせます。裸足で感じるフローリングのひんやり感もまた、涼しさを感じるポイントの1つです。

軌跡の家

しっかりとしたコントラストのある配色。
赤めのブラウンのフローリングがナチュラルに仕上げされており、クリアなホワイトとの対称でダークなカラーの床にも関わらず、暑苦しさを感じる事無く涼しげな印象を与えます。

teNEO

ファブリックで清涼感を増す。

天井はブルー、壁はホワイト、床はナチュラルなフローリングを配した内装。
その内装にグリーンを基調としたベッドリネンを用いて、爽やかさを演出しています。
風に揺れるフラッグをイメージさせるカーテンもまた、涼しさを演出するアイテムです。

N邸・大人も子どもも元気にワクワク遊ぶ家

窓側の壁をブルーグレーの寒色を使用し、その他の壁、床、天井はホワイトに統一。
窓側の壁よりトーンを落としたニュアンスのあるベッドリネンを用い、スカイブルーのクッションをポイントに清涼感と引き締め効果を出しています。

モダンデザインハウス

エメラルドグリーンの壁に素地色のフローリング。ブルーグレー地に大柄の葉のグラデーション。こんな遊び心一杯のベッドリネンは涼しさを演出するだけでなく、気持ちも穏やかにしたり、モチベーションを上げたり、その日の気分で見え方も変わって来るはずです。

ベッドルーム

究極の夏スタイル。

夏のベッドルームの究極の参考例と言えばハワイ。
白の天井、腰壁、ペパーミントグリーンの壁、ダークブラウンのフローリング。
籐のベッドにハワイアンキルトのファブリック。ホワイトのベンチには、ハワイの海、ヤシの木、砂浜を連想させるカラーコーディネートのクッション。
サンセット後は、ひんやりとした涼しい風がお部屋に入り、ヤシの木のざわめき、波の音が聞こえる。これこそ、究極の清涼感溢れる夏のベッドルームと言えましょう。

mauimagazine.net

出典:mauimagazine.net

涼しさを感じる視覚や感触は、ひとそれぞれ。
そして、家全体のデザインに依っても内装やインテリアコーディネートは変わってきます。
事例を参考に、その家、その人に合った猛暑を乗り切るベッドルームを作りましょう。
快適な夏を過ごましょう。


この記事を書いた人

一の瀬かのんさん

趣味の海外旅行では、ホテル滞在を一番の楽しみとして、そこで出会う人々や暮らし、家具や小物を記憶に残して、日々の生活に取り入れています。

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • 収納 2
  • 食堂
  • 収納
  • リビングスペース壁面収納
  • エントランスホール

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問