2014年12月07日更新

おしゃれな部屋事例(外観)

家を囲う、デザイン性の高いおしゃれなフェンス特集

フェンスとは柵のことで家の境界線に使われたり、高低差のある場所では転落防止のために付けられたりしています。実際に設置しようとすると種類が多く、木製やアイアンのものなど、材質も値段も様々です。家の外観を遮らず家自体を全体的に見せるか、一部だけを隠すかなど設置の仕方も色々です。参考例を集めてみました。

0 お気に入り追加 14667view

個性的な外観の邪魔をしない、すっきりとした黒いフェンス。

バリリゾートのような癒しのある暮らしがコンセプトとなった住まいです。バリ文化の象徴でもある三角形の大屋根と既存石垣の上にホローブロックを積んだ塀を設け、よりリゾート感を演出しています。

注文住宅事例

haus-ubud

3200万円、145㎡

杉並区の閑静な住宅地に建つ家族4人の住まいです。
風の抜け、明るさの確保をどの部屋も考慮した明るくかわいらしい住宅です。

密集市街地の中でも開放的で明るい生活を送りたいという住まい手の希望がかたちになった住宅です。都市型の暮らしを楽しむ家の完成となりました。

1階にリビングがある事を考慮し、リビングの接地性を重視しながら光を取り込み、外と中が繋がった気持ちの良い空間となっています。

敷地に隣接する神社の大きな御神木もあり、これらの緑を積極的に取り込みつつ、歩行者や周囲の住宅からの視線を排除するよう配慮した窓やフェンスの配置やボリューム構成が特徴の住宅です。

木格子のベランダが特徴。
古い開発団地の高い石垣を低コストで建方した住まいです。

シンプルなメッシュフェンスは、比較的ローコストで広範囲に使用するのにも便利です。視線も遮らずに開放的なので、家の印象に影響が出にくいですね。

ブロックの上に設置された、シンプルなフェンスは和風の外観のお家に合います。

シンプルな木製のフェンスは、ナチュラルな印象です。

鮮やかな色の木製フェンスは、建築物と一体感が味わえます。

遠くからでも目立ちますが、周りの緑にも馴染む自然な鮮やかさです。

こちらの木製フェンスは二重になった、目隠しのタイプです。
スタンダードとは違う雰囲気になります。

木杭を利用して作られたユニークで温かみのある柵。素朴で可愛いらしい印象です。

家のまんなかに設けた明るい吹抜空間が特徴の小さな住宅です。
隣地建物がせまっている為、デザイン性が高く抜け感のあるフェンスです。

結晶化ガラス壁装材を目隠しとして採用しました」。
国道側の厚い壁と中間領域は音と視線をコントロールするためのフィルターであり、ガラスルーフ付きのガレージがアプローチ空間をますます魅力的にしています。

外壁の色とデザインのバランスを考え、エクステリアもトータルプランニングです。ウッドデッキにはハーブガーデンを設え、四季を楽しんでいます。

恵まれた敷地条件の広々とした土地に建てられた住宅は、四季を通じて朝日が差し込み、プライバシーに守られた一体的な屋内外の空間となっています。

開口部を見せない素材の組み合わせとバランスによって構成された外観は、ある種のオブジェのようにも見えます。


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた写真

  • テラス
  • キッチン
  • 地窓より坪庭が見える玄関
  • 玄関から見える坪庭(庭側から)
  • クローゼット

知っておきたい家づくりQ&A

自分らしい家、誰とつくる?