2015年05月30日更新

リフォーム・リノベーション(専門家紹介)

【専門家紹介】建築家:各務謙司「施主とともに話し、悩むことで理想的な空間が導き出される」

一級建築士、マンションリフォームマネジャーである各務謙司氏。米国ニューヨークにおいて、富裕層を対象とした超高級リノベーション・インテリアの設計事務所で修業を積みました。帰国後の1995年、高級マンションのリフォーム、リノベーションに特化した建築設計事務所、カガミ建築計画を設立。
今回はそんな各務氏の設計におけるコンセプトと、手がけたプロジェクトをご紹介します。


プロジェクト紹介<1> 六本木ヒルズの高層マンションのリノベーション

ニューヨークのロフトやSOHOをイメージしたハードでスタイリッシュな空間へ、という施主の希望を受けた全面リフォーム。約30畳の大型リビングダイニングは家具などのコーディネートやアートのセレクションまで各務氏が手がけています。

六本木T邸 (リビングダイニング3)

書斎と仕事場を兼ねた小部屋は、リビングダイニングとの間仕切りを特注のスチール製サッシにし、無機質な雰囲気を作り出しています。

六本木T邸

プロジェクト紹介<2> 神戸・三宮のマンションのスケルトンリノベーション

東京在住の家族が関西旅行の拠点として別荘的に使いたいという要望からのマンションリノベーション。水周りを中央に島状に作り、その周囲に部屋をレイアウトしています。リビングは緩やかなカーブを描く左官壁で囲まれた落ち着いた空間。カラフルな梯子を上ると子どもが遊べるミニロフトに。

神戸M邸 (リビング2)

キッチンと洗面が一直線に続く水周り。高級感のある素材と建具でホテルライクな非日常空間を演出しています。

神戸M邸

プロジェクト紹介<3> 東京・杉並区の高級マンションのリノベーション

コンクリート打ちっ放しの壁の力強い素材感をベースとしたシンプルなインテリアリフォーム。リビングの床はオーストリア製最高級品「Mafi」の幅広・ロングフローリング材に。

杉並区S邸 (リビングルーム)

約40畳のLDKは、コーナーごとに少しずつ違ったシーンが展開するようなインテリアに。キッチンは清潔感のある大型アイランドキッチン。

杉並区S邸


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • ガラスブロックのスクリーン
  • ダイニングからリビングを見る
  • 階段下収納
  • ガラス張り窓より光が降り注ぐLDK
  • ガラスブロック沿いの動線

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問