2016年06月14日

専門家選び

それぞれの建築家の違いってあるの?

それぞれの建築家の方で違いが出てくるのはどのような点でしょうか?

165view
白崎泰弘・治代」からの回答

ありとあらゆるところで違いが出てきますが、例えば、設計を進める中で、間取り優先型と構造優先型の2タイプに分かれるように思います。デザインだけを優先する建築家もいますが、それは少数だと思います。
間取り優先型の人は、お客様の要望を拾っていくうちに、柱を入れるべきところに入れないなど不合理な構造にさせてしまうことがあります。構造優先型の人は、決めた空間の中にお客様の要望を無理やり詰め込む傾向があったりします。一般的にはベテランになるほど、間取りと構造のバランスがとれてくるように思われます。また、間取りと構造のバランスをとりやすいという観点から、得意な構造方式を選びがちだったりします。
その構造というのは、建築は木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造(以下RC造)の3つの方式に分かれます。住宅のみを設計している建築家は木造が圧倒的に多く、木の扱いに精通する一方、RC造については不得意だったりします。その逆にマンションや業務施設などが多い建築家はRC造や鉄骨造が多く、木造には精通していなかったりすることがあります。依頼をする時、その建築家はどういった構造方式が多いかHP等で確認したほうがよいでしょう。
どんな条件であってもデザインというのは、その建築家の個性が出てくるものです。今までやってきた作風をきちんと確認したうえで、依頼したほうが賢明です。また、建築家の方も、きちんと見てくれていることが判れば、設計もしやすくクオリティの高い住宅をつくることにつながっていきます。

碧山美樹」からの回答

それぞれに「違う」ということが建築家に依頼するメリットとお考えください。
建物に関して、生活に関して、機能性に関して、ひとりひとり考えや取り組み方が違います。
また事例ををご覧になっていただくと得意な分野、テイストというものが感じられると思います。
設計料、設計を進めるペースなども違います。
最初にお会いしていろいろお話をするのはいわばお見合いのようなもの。
自分と相性の良い、価値観の合う建築家を探して、自分だけのの住まいを作り上げていくのです。

逆に共通する点をあげるとすれば、建築家のつくる家はオーダーメイド。
クライアントのため常にゼロからつくりあげていくということでしょうか。

柳 勉」からの回答

建築家の考え方は、千差万別です。
住い方・デザイン・住環境・素材・構造等、建築家は独自の考え方を持っていると思います。 それが建築家の個性になりますので、建築家の話しを直に聞き自分の考え方と共感出来る 建築家と出会うことが、大切だと思います。

石井 大吾」からの回答

プランや素材、環境性能、設計するものに違いが出てくるのは当然だと思いますが、コミュニケーションの取り方、工事費の配分の考え方など、プロセスのデザインにおいても、建築家によって大きく異なってくると思います。トータルで依頼する建築家を判断するのがよいのではないでしょうか。

SUVACOアドバイザー」からの回答

建築家の違いが最も出るのはプランニングの段階です。敷地のとらえ方、要望の実現の仕方など、個性豊かな専門家が多いので、考え方やフィーリングの合う方と進めるとよいでしょう。

SUVACOアドバイザーに質問する

質問を送信

混み具合にもよりますが2営業日以内にご回答させていただきます

専門家選びのQ&A

中古物件購入の契約前に専門家相談をしてもいいの?

中古物件+リノベーションで考えています。物件を決める前に専門家に相談してもよいのでし...

特殊な条件の土地だとハウスメーカーより建築家に頼んだ...

特殊な形や条件の土地の場合、ハウスメーカーよりも建築家に依頼したほうが良いと聞きまし...

ハウスメーカーと建築家のメリット・デメリットって?

ハウスメーカーと建築家の違いって何ですか?それぞれのメリット・デメリットを教えてください。

建築家とリフォーム・リノベーション会社の違いって?

リフォーム・リノベーションを依頼する上で、建築家、リフォーム・リノベーション会社それ...

都内の建築家に頼みたいけど、リフォームの検討先が遠い...

●●県在住でマンションリフォームを考えています。東京の建築家で気になる人がいるのです...