戸建リノベーション・リフォーム

takemura house

内容:

築25年の建売住宅の古びた佇まいに、現代の暮らしとデザインを馴染ませる。

リビング中央の床は、普段の床座りの暮らしと趣味のお茶や着物を楽しめるよう畳に変わる素材として、天然素材のコルクリノリウムを貼り込みました。

このスペースは、茶室やゲストルームとしても活用するために、部屋の中にもう一つの部屋を設える発想で布を天井から吊るす仕掛けを施しました。

この住宅事例を手掛けたデザイナー

関 洋

デザイナー / @東京都

私たちは、物質的な満足だけでなく、 精神的な充足を与えることを大切にしています。 心地良いと思える感覚は人それぞれ。 凛とした穏やかさ 心地よい清潔感 ナチュラルでモダン 余白のあるデザイン 私たちは、そんな印象を大切にして、 丁寧に、簡潔に、デザインします。 https://sekidesignstudio.jp/

関 洋

デザイナー / @東京都

関 洋さんの住宅事例