マンションリフォーム・リノベーション

飾りすぎず素っ気なくない、ちょうどよいシンプルリノベ

面積:

72㎡

費用:

550万円

築年数:

10年

リノベりす掲載:

あり リノベりす掲載リノベーション事例「飾りすぎず素っ気なくない、ちょうどよいシンプルリノベ」

内容:

眺めの良い中古のマンションの一室を購入したご夫婦。一般的な内装のお部屋を無垢材の床や素材感のある住まいに変身させました。設計の仕事をされているご施主様と株式会社水雅がコラボレーションにより、施主の思いをそのままに実現したリノベーションとなりました。
キッチンはぐるりと回遊のできるオープンキッチンに。背面のコンパクトなオープン棚は見せる収納としてパントリーの役割も果たしてくれます。土間の玄関や、洗面・トイレなど一部を除いて、廊下からLDKは全て木のぬくもりを感じるオークの無垢材を使用。空間に伸びが生まれ、想像以上の開放感と奥行きが印象的になりました。

Data
家族構成: 夫婦
築年数: 10年
延床面積: 72㎡
工事費: 550万円(設計料・施主支給品 別途)
設計: 施主・株式会社 水雅
施工: 株式会社 水雅

もともと素材感のあるシンプルな住まいが好みでしたが、リビングにはモルタルやアイアンなどの無機質な素材を利用してところどころにアクセントを入れています。装飾的ではないすっきりとした形で利用しているのもポイントです。

窓が多く眺めの良いLDKは、どこにいても開放感があります。

窓の上のアイアンは忙しい共働き夫婦に便利な室内物干し。シンプルで細い形状なのでスッキリ邪魔になりません。床はオーク材をコーディネート。幅広なので空間が広く見える効果も。

シンプルなだけでなく、一味プラスのこだわりがうかがえます。キッチンカウンターはモルタル塗りの上に木のカウンターで温もりもプラス。

天井の段差を利用してダイニング上にも棚を設置しています。 植物などをハンギングしておしゃれに演出することも可能。

オリジナルで制作した天井まである大きなガラスの引戸。リビングからの光で廊下が明るくなります。

洗面台はシンプルに造作しました。シンプルな白いタイルの中にラインアクセントで模様入りのタイルをプラスし遊び心も演出。

玄関土間を広くとるため斜めに上がり框を設置。アーチ状の入り口の奥は帰ってきてすぐに着替えられるウォークインクローゼット。

このプロジェクト事例を手掛けた工務店

水雅

工務店 / @東京都

「良いモノ」をつくるという情熱を持ち続けること。 「良いモノ」と真剣に向き合うこと。 長く思い続けられる「良いモノ」をつくること。