2016年09月20日更新

おしゃれな部屋事例(書斎)

在宅ワークががはかどる!居心地良く集中力が高まる快適レイアウト。

働くスタイルはひとそれぞれ。最近では、フリーランスで在宅ワークをする方も増えてきています。しかし、「自分だけの書斎がない」 「自宅で仕事ができる環境が整っていない」とお困りの方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、ファミリー向け住宅でも実現可能なリビングの一角でも集中力が高まるレイアウト、そしてリフォーム事例をご紹介します。


窓際の光をいっぱいに浴びる気持ちの良いワークスペース

窓際で光が差し込む気持ちの良い場所に全面可動棚にすることで使い勝手の良いワークスペースが作られています。書籍や資料もこれならたっぷり収納可能できますね。

マンションリノベーション・リフォーム事例

NEZU FLAT

37㎡

ワークスペースの横は小上がりになっています。仕事の途中でちょっと一息…という時にも、腰かけるのにちょうど良く、他にもキッズスペースとして家事をするスペースとしてなど多様に使うことができそうです。

キッチン
書斎
トイレ

マンションリノベーション・リフォーム事例

NEZU FLAT

37㎡

窓に向かう開放的なワークスペース

こちらも窓際を有効に使ったレイアウト。仕事をしながら外の景色を眺めることができ、疲れた目を癒すこともできそうです。

リビング
リビング
キッチン
書斎
音楽部屋

マンションリノベーション・リフォーム事例

session

1080万円、80㎡

集中力を高めるなら壁に向かうレイアウト

集中力を高めたい方は、壁に向かうレイアウトはいかがでしょうか?広い空間にあっても壁に向かっていれば程よいプライベート感を得られ、テレビなどが目に入らないので作業に集中することができます。

LDK-2
ダイニングキッチン(階段)
階段
キッチン
廊下

マンションリノベーション・リフォーム事例

K邸・こだわりの家具と一緒に楽しむ住まい

窓を背にして部屋を向くレイアウト

窓を背にして部屋を向くレイアウトは、開放感のあるワークスペースを実現できます。背後から優しい自然光が差し込むので、手元が明るくなり爽やかな気持ちで仕事に励むことができそうです。陽光があたり過ぎる場合は、写真のようにロールカーテンやブラインドで調整しましょう。

ベッドルーム
F様ご夫婦自ら手配されたアンティークの建具と飾り窓
光溢れる書斎
個性の光る明るいキッチン
ダイニングからキッチン方向

マンションリノベーション・リフォーム事例

宮崎台のビンテージマンション1

64㎡

リビング内に独立したスペースを確保

リビングから続く小さく張り出したような空間にワークスペースをつくった事例。L字になった大きな出窓側にデスクを、背面には低めの書棚を設置し資料や本なども取り出しやすい配置になっています。リビングとの間に仕切りを設けていないので、リビングの広々とした開放感はそのままに、独立したスペースを確保できています。

LDK
小上がりの畳スペース
リビング
寝室

マンションリノベーション・リフォーム事例

どこにいても空が見える ワンルームのようなLDK

1335万円、67㎡

秘密基地のような小部屋で集中力を高める

こちらも広いリビングに緩やかに続く小部屋がワークスペースになっています。ワークスペースは色調をダーク系に変え、集中できそうな落ち着いた印象に仕上がっています。

開放感のある空間
広々したリビング
光が差し込む空間
キッチンの収納
収納しっかりの書斎

住まいに溶け込むナチュラルなワークスペース

ナチュラルフレンチテイストの可愛らしいLDK。壁に向ってシンプルなワークデスクが設けられています。あえてワークスペースを独立したインテリアにせず、自然に馴染むようにコーディネートされています。

マンションリノベーション・リフォーム事例

広いLDKで寛ぐ、フレンチカントリーな家

64㎡

木の温もりを感じるワークスペース。モノを置き過ぎず、すっきりとした空間で仕事をすることで集中力が高められそうです。

照明がアクセントの寝室
玄関から始まるフレンチカントリー
ほっこりかわいいぬくもりあるトイレ
収納も計画された、造作洗面台
お気に入りの無垢材キッチン

マンションリノベーション・リフォーム事例

広いLDKで寛ぐ、フレンチカントリーな家

64㎡

部屋の中に小部屋を作る斬新なワークスペース

海外インテリアによく見られるガラス張りのワークスペース。室内にさらに部屋を作ってしまうとは斬新なアイデアは最近人気です。室内に向けてガラス張りになっているので、窓がなくても開放感がありますが、壁やガラスに囲まれることでプライベート感をキープすることができます。

出典:defimetallerie.fr

在宅ワークを快適にするために工夫したいのがレイアウト。思いきって書斎をつくるのも良し、専用部屋を持たなくても、好みのデクス配置で自分らしいワークスペースを作るのも良いですね。居心地良く集中できる環境というのは、人それぞれです。ぜひ記事を参考に、自分に合ったレイアウトを探してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人

naomiさん

フリーランスのライターnaomi(naomi.spring)です。
インテリア、住まいの記事などを執筆しています。
自宅リフォームを経験して、住まいづくりの楽しさを実感。
モノに埋もれるのではなく、モノを生かしたシンプルな住まい
そして、居心地の良い住まいづくりを目指しています。

・リフォームスタイリスト3級
ホームページ:http://naomi-spring.com/



最近お気に入りされた写真

  • 廊下
  • 洗面
  • 中庭
  • 居間から庭を見る
  • 中庭を囲んでいる住まい

知っておきたい家づくりQ&A

自分らしい家、誰とつくる?