2016年01月14日更新

インテリア(カラーコーディネート)

寒い季節だからこそ気になる!白を基調としたインテリア

雪が作り出す白銀の世界であったり、自分の吐く息の白さで寒さを感じるこの季節。「白」が寒さの象徴となっています。そんな寒さの象徴である白を基調としたインテリアは、潔さやスッキリとした印象をもたらせてくれる色でもあります。季節を感じられる「白」をお部屋に取り込んでみませんか。


個性のあるデザインをまとめる役割

一つ一つ個性のあるデザインや形をしているインテリアも白でまとめると、ごちゃごちゃとせずスッキリとした印象になります。

マンションリノベーション・リフォーム事例「ミニマルで豊かな家」

ペットグッズも白ですっきり

意外と部屋のスペースを取り、部屋の中でも目立つのがペットケージです。ケージの素材を活かし悪目立ちさせないためには中に設置するペット用のベッドなど、グッズを白でまとめる事をおススメします。すっきりとした清潔感もあります。
ケージの素材感が引き立ちます。

マンションリノベーション・リフォーム事例「hosono house」

広がりを感じさせる効果

白は光を反射し部屋を明るくしてくれるため、空間が実際より広く感じられます。大きな窓のある部屋を白でまとめると、光の差し込みにより空間の広がりが更に期待できます。

注文住宅事例「House K」

和の静寂感に柔らかさが作用する

和室を白でまとめると和の持つ静寂感に自然光の柔らかさが作用し、時間の流れをゆっくりと感じられる空間が作られています。

戸建リノベーション・リフォーム事例「K House / 清州の住宅 木造築37年のリノベーション」

リズムをもたらす

白を基調とした部屋づくりを目指すなかで、変化を求めるならブリックタイルをおススメします。明るさを保てる白い壁にブリックタイルで、リズムを生み出してみてはいいかがでしょうか。

戸建リノベーション・リフォーム事例「I邸・築18年中古戸建×リノベーション」

心地よいスッキリ感

色味のある本や小物はごちゃごちゃとしがちですが、白のインテリアと組み合わせる事で、本や小物の色味がバランスよく空間のアクセントとなります。

注文住宅事例「幸手N邸」


この記事を書いた人

pilo-3567さん

素敵なインテリアに囲まれて過ごす家は、リラックス効果が倍増する気がします。

最近お気に入りされた写真

  • リビング4
  • ダイニング
  • 機能的なキッチン
  • キッチン 1
  • 人の繋がりをもたらすコミュニティ形成の土間

知っておきたい家づくりQ&A

自分らしい家、誰とつくる?