2018年01月18日更新

リノベーションHOW TO(リノベーション体験談)

カウンターキッチンと、隣接する子供部屋の内窓で、家族みんなが心地よいLDKに

住み慣れたエリアでずっと暮らすため、長男の誕生をきっかけに憧れていた近所の中古マンションの購入とリノベーションを決意したUさん。
自らリノベーション会社の個別相談に申し込みつつ、リノベりすの専門家紹介サービスで意見を聞くなど、サービスを賢く利用しながら夢工房への依頼を決めました。
広く明るいLDKと、コンパクトにまとめた居室のメリハリで、ずっと過ごしていたくなる心地よい空間を手に入れました。


どんな住まいにしたかったのですか?

【ご要望】
リビングに自然と人が集まる家にしたい。

【profile】
・お住まい:神奈川県川崎市宮前区
・家族構成:夫(40)、妻(39)、長男(2)
・施工内容:マンションを購入してリノベーション
・物件概要:64㎡・築39年
・間取り: 2LDK⇒2LDK+WIC
・当初の予算:500万円程度
・実際の費用:760万円
・依頼先:夢工房

> この住宅のすべての情報を見る

物件はどのように見つけられたのですか?

不動産会社を通して見つけました。
元々近くに住んでいて住み慣れていたことと妻とここに住めたらいいね、と話していたマンションだったので、部屋が空いたと聞きすぐに内見に伺いました。

住まいを変えようと思った経緯・きっかけは?

長男の誕生がきっかけです。
手狭になることを考え、もう少し広いところに引っ越そうということになりました。

なぜリノベーションにしたのですか?

なかなか自分たちの住みたいと思える部屋が見つからず、元々興味のあったリノベーションに踏み切りました。リノベーションであれば自分たちの理想の部屋を造れると思ったので。

どんな家・住まい方を希望していましたか?

家族が一緒に過ごせる空間を作ること、限られた空間を出来る限り広く感じられるようにすることを考えました。

極力リビングダイニングを広く取ったり、すぐ横の子供部屋に窓を取り付けることで外からの光を取り込むと同時に空間的つながりにもなり、広く感じられるように出来たと思います。

また、その子供部屋をリビングダイニングの横に設けることで、帰ってきた子供と顔を合わせられるようにしました。

> この住宅のすべての情報を見る

【夢工房コメント】
当初、天井高を上げて空間を広げたかったのですが、構造的に断念せざるを得ませんでした。
そこで、巾木やキッチンカウンターなどを壁ど同色のホワイトで統一し、壁面全体で高さを感じられるように工夫しました。

家族が集える広いリビングを作るために何度も施主様とお打合せを重ねました。

奥様が収納上手で、収納を1か所にまとめることができたのも広いリビングを確保できた一因だと思います。

要望のなかで、特に優先順位が高かったものは?

1.間取り(極力広く取ることを考えました。)
2.床(無垢材を使用すること。)
3.カウンターキッチン(妻が子供を見ながら料理が作れるようにしたかったので。)
4.子供部屋の窓(部屋に外からの光を取り込み、リビングダイニングとの空間的つながりをつくりたかったので。)
5.スイッチやコンセント(アメリカ式)

です。

> この住宅のすべての情報を見る

リノベーションの依頼先はどのように探されましたか?

インターネットや雑誌「リライフプラス」などを見て探して、リノベりすからリノベーション会社の個別相談にも参加しつつ、リノベーションに関する知識が乏しかったので「専門家紹介サービス」にも申し込みました。

今回ご契約された依頼先に決めた理由は何ですか?

夢工房さんを選んだ理由は、インターネットで拝見した時の直感と担当の須田さんのお人柄、無垢材を使用した打ち合わせ部屋の素朴な印象で決めました。

もう1社検討した会社があったのですが、予算面で難しいかなとなりました。今考えると自分たちが探し始めたばかりということもあり、心構えができていなかったようにも思います。

コストなどの理由であきらめたものや、ゆずれなかったものなどを教えてください。

諦めたものは床暖房、子供部屋の窓の仕様、床の無垢材の幅です。

子供部屋の窓は、当初はアイアン製にしたかったのですが、予算面で難しかったので、夢工房さんからアイアン製に見えるような塗料で対応する案を受け、そうすることにしました。

ゆずれなかったものは、床に無垢材を使用すること、カウンターキッチンです。

> この住宅のすべての情報を見る

【夢工房コメント】
一番印象に残っているのは子供部屋の窓の造作についてです。施主様がイメージされていた室内窓を実際の空間に造作することが大変困難でした。
どうしたら、希望されているアイアン製の室内窓を予算内で実現できるのか、そのことにだいぶ知恵を絞りました。
最終的にはアイアン風の塗装という提案をし、ご承諾いただけたときはホッとしました。

完成した家を見たときにどう思いましたか?

いよいよこの部屋で新生活が始まるんだ、という気持ちでワクワクしましたね。

> この住宅のすべての情報を見る

特に気に入っているところ・自慢のところは?

・リビングダイニング。眺望がよく、窓が広いので日差しもさしこんで明るく、天気のよい休日の朝に飲むコーヒーは格別です。
・床。無垢材の暖かみが心地よいので。
・ドア。部屋によって色や仕様を変えたのですが、意外と違和感なく過ごせているので。

> この住宅のすべての情報を見る

大変だったことや困ったこと・不安だったことは?

自分たちがやりたいことがすべてできたわけではないので、予算とにらめっこをしながら、取り入れる部分と諦める部分の見極めが大変でした。泣く泣く断念したものもあります。

> この住宅のすべての情報を見る

実際に住んでみて気づいた、あるいは再認識した点を教えてください。

子供部屋を小さくする分、リビングダイニングを広くしたのですが、実際に住んでみて、広くとって良かったなと思います。子供が走り回ったり、オモチャで遊んだりするようになりましたし、家族が一日を過ごす場所なので。
それと子供部屋の窓もより広く感じる要因になっていると再認識してます。

反省点は特にありません。限られた予算のなかでやれることはやったと思うので。

これから家を建てる・リノベーションをする方へのメッセージ・アドバイスをお願いします。

楽しんでほしいです。
予算とにらめっこをしながら、やりたいことと諦めることを吟味することは大変ですが、楽しい作業だと思います。

これから数十年住む場所を数十年一緒に過ごすであろう家族と考えることは素晴らしい経験だと思いますので。

【夢工房コメント】
施主様ご自身がお住まいに対する明確なイメージをお持ちで、とても熱心に取り組まれていたのが印象的でした。

限られた空間でも、家族が集う場所に良い素材を使用したことでシンプルながらご希望通りの大変心地よい空間に仕上がったと思います。

また、施主様こだわりの内窓や建具がフォーカルポイントになり、より空間のメリハリが出て広くみえる効果になったのだと思います。

予算などで断念された部分もあったかと思いますが、ご家族が集う広いリビングからの景色は最高で、施主様ご家族がリノベーションしてよかったねと語りながら末永く幸せにお住まいになってくださるととても嬉しいですね。

リノベーション・リフォーム会社 夢工房

夢工房

リノベーション・リフォーム会社 / @神奈川県

神奈川県横浜市・川崎市・東京都の一部をエリアとし、リノベーションの提案・施工をおこなっています。自然素材を積極的にご提案し、健康な住まいつくりを目指しています。


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか