2018/04/14更新0like2024viewゼロリノベ

窮屈な暮らしはイヤ!間取りを自由にするたった2つの方法

住宅を選ぶとき、その間取りはあなた向けになっているでしょうか?既存の間取りは、不特定多数の誰かに向けたプランになってしまうので、あなた向けだとは言えないかもしれません。では、どうすればいいのでしょうか?

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

平均的生活を想定したのが、既存の間取り

賃貸はもちろん、新築マンションや建売住宅の間取りは、そこで暮らす人の人数と、ごく一般的な部屋の使い方で決められています。
「キッチンとつながったこの広めの空間でご飯食べてね、この2つの部屋は子供がいたらこう使って、あとクローゼットも付いてるから。」という感じでしょうか。

つまり、間取りにライフスタイルを合わせるように住まなくてはなりません。

皆が同じライフスタイルを送るわけではないのに、一般的な人数や生活を想定した間取りで生活することになってしまうわけです。

せっかく新しい家を購入するのに、最初から間取りが決まってしまっていては、様々な制限を受けてしまいます。何千万円も出して購入するものなのに、自分たちの家族に間取りが合わなくて我慢する生活をしなくてはいけない、というのはおかしな事です。

十人十色のライフスタイル、叶える方法は?

100人、人間がいれば100通りの人生があるように、100家族いれば、100通りのライフスタイルがあります。

そしてそのライフスタイルやこだわりを実現する、家の間取りを自由に選択できるのは「新築戸建の注文住宅」か「中古マンション、中古戸建のリノベーション」の2つだけです。

制限のない真っ白なキャンパスに、自由に自分たちが望むライフスタイルを思い浮かべて、その通りの家を購入するのと、最初から間取りができあがっている制限の中で、どんなライフスタイルを送れるかを考えて家を購入するのでは雲泥の差があります。

もし、間取りという制限がなければ、あなたはどんな家に住みたいですか?

素敵な暮らしをたくさん想像しよう

例えば子供がいる方なら、ブランコ(大人も乗れる)をつけてもいいんです。ちなみに写真のブランコは、乗っているとけっこう楽しめます 笑

他にも、基地っぽい子供部屋、家族と会話しながら料理ができるキッチン、壁一面の棚、フルフラットの床にして掃除ロボに掃除を丸投げ、などなど。
そんな自由な家も、中古をリノベーションすることで叶えることができるのです。

たくさんこだわって、想像して、どんな暮らしをしたいか、ぜひ考えてみて下さいね。
お気に入りに追加

この記事を書いた人

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る