2015年01月25日更新

リフォーム・リノベーション(HOW TO)

マンションを1千万以下で大改装する!-before/after公開-

最近よく耳にする「リノベーション」という言葉。ちゃんと理解していますか?
私は、リフォームみたいな意味で使われているのは知ってましたが、リフォームとなにが違うのかなぁ?と思っていました。
修繕などの小規模な改装が「リフォーム」で、間取り変更のような大規模の改装を「リノベーション」と呼んでいます。
今回はなんと!その大規模改装の「リノベーション」を1千万以下でおしゃれに改装したお宅を紹介していきます。
リノベーションと言っても500万円以下で行える場合もたくさんあるので、修繕(リフォーム)で我慢。と決め付ける前に「リノベーション」という方向性も考えに入れてみてはいかがでしょうか?


延床面積: 80.85㎡ 工事費: 630万円

夫妻が最も懸念していた問題点は、バスルームを通らないと行くことのできないトイレ。
リノベーションの一番の利点は、こういう「難アリ物件」を「自分の使い勝手の良い間取りに変更出来る事」ではないでしょうか?
「フローリングはいやだった」という夫妻が床に選んだのは、ホモジニアス系タイル。無機質な感じが見事にマッチした。下のリノベーション前の画像と見比べてみて下さい。夫妻のセンスの良さがわかります。こんなにも変わってしまうなんてビックリしませんか?自分で素材を選ぶのが苦手な方も、専門家がアドバイスしてくれます。ご安心を。

リノベーション会社:株式会社i・e・sリビング倶楽部「ヴィンテージマンションを モダンなインテリアが映える空間に」(リノベりす掲載)

床面積: 48㎡ 工事費: 630万円

長年集めてきたユーズド家具やアンティークの食器棚、レトロな照明などと調和する空間づくりを心掛けました。その上、天井から吊り下げられたハンモックに、洋服やスノーボード用品を収納できるスペースまで夢が叶ってしまったそうです。集め続けられてきたピース達が今やっと並べられたのです。完成したおうちは、今まで夢みていた空間よりも、よりよい物に仕上がったのではないでしょうか?

リノベーション会社:SHUKEN 株式会社秀建「DIY de つくる家」(リノベりす掲載)

延床面積: 66.36㎡ 工事費: 977万円

LDKの真ん中にワイドなアイランドキッチン。家族みんなのウォークインクローゼットは天井を低くし、上部をロフトに。クローゼットを低くするアイデアには脱帽です。ましてやクローゼットの上にロフトを作ってしまうなんて!私には到底思いつかないアイデアですが、そんな私でも「この施工のココと、こっちの施工のココを真似たいな。」というに、夢をチョイスする事はできますよね?あとは何色が好きだとか、どんな雰囲気にしたいかなど、色々夢が膨らみます♪

リノベーション会社:リノべる。「家の中にも遊び場を 生活を豊かにするロフト&階段スペース」(リノベりす掲載)

延床面積: 65㎡ 工事費: 400万円

自分の好みの素材に囲まれた部屋で毎日過ごせるのは、とても楽しいです。特に、玄関のアールの壁はお気に入りです。以前は暗い和室だったとは思えない、素敵な異国情緒あふれる空間に仕上がりました。素材も構造も優しく温かな雰囲気で住んでいる方の温かみや優しさが、おうちから伝わってきそうです。曲線を加えると、こんなにも雰囲気が変わる物なのですね!

リノベーション会社::株式会社トラスト「フレンチカントリーの家」(リノベりす掲載)

延床面積: 70.73㎡ 工事費: 900万円(設計料込)

玄関の壁には白いブリックタイルを。白をベースにした空間に溶け込み、独特の質感がほどよいアクセントにもなっている白いタイルをオシャレに使いこなしているのは、さすがというべきでしょうか。そんな白いタイルなんて序の口!コダワリ部分は、あなたの目で確認して頂きたいそんな物件です。事例写真をクリックしてご確認してみてください。想像されているような物件ではないはずです。

リノベーション会社::OCEANS「LDKと個室がゆるやかにつながるリラックス空間」(リノベりす掲載)


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • 外観-日中1
  • ラグジュアリーな寝室
  • リビング
  • プールのある中庭
  • LIVING

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問