2014年09月23日更新

おしゃれな部屋事例(書斎)

誰にも邪魔されない空間を・・・THE男の書斎特集!

男性の皆さん!仕事で上手くいかない時、何だか疲れてしまって1人になりたいとき、大事な会議の前日など、
誰にも邪魔されずに1人で夜を過ごしたいと感じた経験はありませんか?
今回は、一度は憧れる自分だけのオリジナル空間「男の書斎」特集です。

天井が低くても、少し部屋が狭くても、自分だけの空間って本当に貴重ですよね!
正面の壁に備え付けの棚を付けて、少しでも部屋を広く見せようという工夫が見られます。

0 お気に入り追加 17476view

ここは、リビング?と思う方も多いでしょう。この広さで何と書斎なのです。
仕事に行き詰った時は、ゆったりとしたソファに寝転がってお気に入りの本を開いてみる・・・本当に憧れです。

> この住宅のすべての情報を見る

書斎はこの位の広さがベストなのかもしれません。こもって仕事に集中するには最適な空間ですよね?広さはないけれど、圧迫感は全く感じられません。

> この住宅のすべての情報を見る

ダイニング横のちょっとした隙間にミニ書斎はいかがでしょうか?シチューを煮込んでいる間にメールチェックをしたり、料理のレシピを検索しながら晩御飯の準備が出来るのですごく重宝するでしょう。

> この住宅のすべての情報を見る

書斎らしくないオリジナルさが魅力です☆座るところが掘りごたつ式なので、リラックスした状態で作業を進めることができます。飽きたらゴロンと横になれる書斎は、すごく理想的。

> この住宅のすべての情報を見る

こだわりの雑貨に囲まれた、自分だけの秘密の空間になっています。
ナチュラルなのですが、部屋のあちらこちらにこだわりが見えます。気分が高まってくるような書斎です。

リノベーション・リフォーム会社:リノベーションカーサ「こだわりの雑貨たちが映えるナチュラルモダンな家(リノベーション)」

パソコンを使っての作業の他に、物づくりもなさるというご主人。
そのため、長いデスクを設けて作業のしやすさを一番に考えた空間になっています。

> この住宅のすべての情報を見る


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか

連載記事

心地よい暮らしのレシピ

心地よい暮らしのレシピ

「心地いい暮らし」、よく聞くフレーズですが、本来「心地よさ」とは人それぞれにあるものです。では、自分にとっての心地よさとはどうやって見つけたらいいのでしょうか? この連載では、「心地よい暮らし」を実現するために、自宅をセルフリノベーションし、家具などもDIYで作るという、料理研究家の太田みおさんに、「心地よい暮らし」のヒントを教えていただきます。