2018/04/23更新1like2377viewklug

自分スタイルを極める! 急増する「ひとりリノベ」7事例

「独身」で「ひとり暮らし」といえば、これまでは賃貸物件に住むのが一般的でした。ところが昨今は、月の賃料をローンにあて、新築マンションや中古マンションを購入して、自分好みの空間を手に入れたいと望む独身者が増えています。ひとり暮らしのリノベーションとはどういったものか、あらためて確認してみましょう。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

ひとりリノベはマンションが主流

単身リノベ市場では、戸建てよりマンションの需要が高く、なかでも物件価格がリーズナブルで、リノベーション費用も比較的抑えられる中古マンションに人気が集中しています。

こちらは、築48年の1LDKマンションを単身女性向けにリノベーションした事例。420万円でフルリノベーションを行い、フェミニンな空間へと生まれ変わりました。

カウンターバーのある住まい

築43年の2LDKマンションを819万でリノベーションした事例。立地のよさ、広さ、景観などオーナーの希望をすべて満たした物件に、「バーのあるホテルのような住まい」を実現しました。

センスあるショップのような空間を実現

築39年の2LDKマンションを650万でリノベーションした事例。躯体現しの壁面、黒い天井、ステンレス製キッチンなど、セレクトショップのようにクールでワイルドな空間が実現しました。

爽やかで男前なリノベーション

築36年1LDKのマンションを550万円でリノベーションした事例。ブロック壁のカウンターキッチン、白い壁、ステンレスキッチンなど、オーナー好みの素材や建材を使ってフルリノベーション。個性的な空間へと生まれ変わりました。

ゆるりとした時間が流れるハンモックが主役

築35年の物件を630万円でリノベーションした事例。天井からハンモックを吊るし、アンティークの家具や建材を用いて、オーナーの希望を叶えました。

愛猫と暮らす、趣味充実の家

築39年のマンションを1200万円でリノベーションした事例。子供時代に住んでいたマンションを、自身で購入しリノベーション。愛猫と暮らすマイホームを手に入れました。趣味の料理を楽しめるキッチンや、クライミングや釣りの道具を収納する土間空間など、オーナーのこだわりが随所に詰まっています。

大好きなグリーンに囲まれて

築25年のマンションを1092万円でリノベーションした事例。モダンにもヴィンテージの家具にも合う空間を希望した家が誕生しました。ふんだんに飾られたグリーンがナチュラルな雰囲気を生み、女性らしい印象に。
ひとり暮らしのリノベーションの共通点は、「オーナーの要望を叶える自由度の高い間取り」「立地や景観」「職場と家のアクセスのよさ」など、いくつか共通するポイントがありました。リノベを前提とした中古マンションの需要は、今後ますます広がりそうです。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る