2015年12月28日更新

おしゃれな部屋事例(子供部屋)

地震が来ても倒れない、作り付け机のある安心子供部屋

日本に住んでいる以上、地震とは切っても切れない関係です。来たるべき地震に備え、できるだけ安全な家づくりを目指しましょう。新築、リノベーションを考えている方は、地震が来ても家具そのものは動かない作り付け家具を検討してはいかがでしょうか?


作り付けなら動かない!

机とベッド、左側には本棚が作り付けられています。これなら後から大物家具を買い足す必要もなく、部屋の壁紙や床材との相性もバッチリです。ベッドの手すりが木目なのもオシャレですね。

注文住宅事例「ふじみ野の家」

全て木材で作られた机とベッドです。将来的な事を考えて、梯子を挟んで左右対称に2つずつ作られています。机の目の前にはコンセントも完備で使いやすそう。

建築家:オカヒラ建築設計ジムショ「ふじみ野の家(子育て世代の住まい)」

注文住宅事例「ふじみ野の家(子育て世代の住まい)」

こちらも左右対称に2つ机とベッドを作り付けました。まったく同じ素材なので、兄弟げんかも起きなさそう。机、ベッドどちらにも明り取り用の窓があって居心地も良さそうです。

二世帯住宅事例「上本郷の家」

ベッドと机が作り付けられています。机の目の前を窓にして視線の抜けを作り、上からの圧迫感を軽減しています。作り付け家具なのでどこにいても安心ですね。

二世帯住宅事例「狭小土地に建つ自然素材で造る2世帯住宅」

天板とその上の収納だけのシンプルな子供部屋です。将来的には二つに仕切れるように準備されているそうですが、今は天板だけあれば十分!ここなら安心してタップリお絵かきできそうです。

注文住宅事例「藤沢の家/Na邸」

左右対称に棚、机を作り付けました。窓も照明もコンセントもそれぞれ1つずつ。将来的に子どもが使わなくなっても、夫婦の書斎として長く使えるような仕様になっています。無駄な物は一切置かずに、物が倒れてくると言う不安をなくします。

注文住宅事例「トキワの家」

ベッド、机を作り付けてコンパクトに仕上げました。必要最小限の家具だけに絞ったので、3畳しかない小さな子供部屋ですがゆったりと使うことができます。梯子も固定なので、大きな家具が倒れてくる心配はありません。

注文住宅事例「「4-コ ハウス」8坪の小さな家」


この記事を書いた人

lin_womanさん

家づくりの好きな兼業主婦です。

最近お気に入りされた写真

  • 外観
  • 外観2(撮影:鳥村鋼一)
  • 外観
  • 外観
  • キッチン収納

知っておきたい家づくりQ&A

自分らしい家、誰とつくる?